2011年8月2日

皆様は満足していますか?


今日は、何かのアンケートを渡されて、一つ目の質問を見て一人で笑っちゃった。

「皆様は満足していますか?」と。

日本人に聞いたら、これは特におかしくなくて逆に普通の言い方だと言われ、なかなか同感されなかった。

これが普通だったら、単純に俺の捉え方が違うということだけだけど、正直俺が正しいと思う。笑
 これがおかしく思われないのが日本語の変なところ。どの言語もそういうのあるからいいけどさ。

じゃ、どう捉えるかを説明してみよう。

「皆様は満足していますか?」と聞かれると、回答をする人が自分一人の意見を聞かれているのではなく、他の人の意見も含めた"皆"の答えについて聞かれているように見える。

例えば、俺がそれに答えようとすると、皆様の意見を聞いてから、その皆様の意見を回答として書く。

だkら省略せずに答えをフルに言おうとすると、「皆様は・・・」から始まる。

これを見て思ったのは、アンケートはそもそも皆様の意見を集めるためのものだから、なんでアンケートの回答者である俺は代わりに皆さんの意見を聞いて報告しないといけないのか?って。笑

バカバカしくて、もちろんそう頼まれている訳じゃないけど、この言い方に対して慣れていなくて、そして一般的にアンケートに対する概念を忘れて、純粋に言葉だけを見れば、「皆様は・・・」から始まる回答しか考えられない。

こういう言い方を変に思わない場面もあるけどね。

例えば、何かのイベントでステージに立ってる人が視聴者に「みんな元気か~い!?」と、盛り上げようとして聞いてる場合。先生が同じ質問を学生たちに聞くような場面でもいいけど。

同じように、複数の人に返事を求めている。

でもやっぱ違う。

アンケートは一人で答えるから。でも、ステージに立ってる人に答えて最高に元気であることを表現する時は、皆さんと一緒に答える。

これによって、それぞれの回答をする時の感覚が全然違う。

「皆様」という表現を使っている理由は、結局日本語の使い方が場合によって不便だからだね。"You"と言わないから。

英語なら "Are you satisfied?" と書けるけど、「あなたは満足していますか」ってさすがに聞きにくいよね。

まあ、実際この場合は、「満足していますか」で十分だと思うけど、"You"がすごく便利な場合がある。というか、使いたいのに使えない時が不便。笑

例えば、落し物をした人に、「すみません、落し物ですか?」と聞きますよね。

今までは機会がなかったと思うけど、いつかこう答えたい:

「はい、落し物です。誰のかわかりませんが・・・」

英語なら、 "Is this yours?" とか、"Did you drop this?" とかと言えるので、こんなふざけた回答ができない。

最終的に、何の場面でも、"You" に当たる言葉を使わずに言いたいことは表現できるし、 日本人は遠回りの言い方が当たり前だから使わないことを不便に思わないかもしれないけど、外人としてはたまにその不便さを感じる。

 皆様、なんとか納得できましたか?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月21日

結果のない投票・・・


先週、皆さんに「ノー残業デーについてどう思う?」と投票にて聞いてみました。

ご協力、ありがとうございました!

一週間の投票期間の結果は・・・

ない。笑

投票数が少なかったのか、残念ながら決定的な結果がない。

見てみてください:



大きく分ければ、「良い」、「良くない」、「何も思わない」と、3種類の回答から選択できるけど、各種の合計を取ると:

良い: 6

良くない(無意味を含む) : 6

何も思わない: 5

(合計17)

ということは・・・

いや、その文章の続きがない。笑

はっきりした結果がないということで、一つ一つの選択肢を見るしかないね。

① 「リフレッシュできるから良い」: 11.8%

ノー残業デーの本来の目的だろうけど、11.8%の人しかこれを選んでいない。かなりのハズレですね。これだけで「無意味」だと判断できるのではないか?笑
と言っても、会社の本当の目的はコスト削減だろうけどね・・・

②  「時間管理の意識が高まるから良い」: 23.5%

実は、「良い」と思える理由は一個じゃ足りないと思ってこれを入れただけなのに、割と人気だった。笑 毎日定時で帰るようにすれば、時間管理の意識が更に高くなるよ、きっと☆笑

この回答に関するコメント:

・ 「私の職業には関係ないですが、ノー残業デーやりようがない 」(女性/20代/東京)

なるほど。どんな職業か知らないからとても良いかとても良くないかわからないけど・・・

③ 「残業が他の日に移るだけだから無意味」: 0%

もともとの俺の予想が・・・完全に外れてました。笑 実際に一日だけをノー残業デーと決めてしっかりそれを守るようにする経験がない。おそらく、こうなるはずだった人は、単純に時間管理をよりうまくして上記の②グループに入ったのかな?

④ 「守られないから無意味」: 29.4%

これに当たる一般的な状況をよくまとめたコメントは:

・ 「上司は『やることやったら帰っていいんだぞ』。逆に言えば、出来なければずっと帰れないという罠。笑 」 (女性/20代/北海道)

だよねー。結局他の日と変わらない。

ちなみに、上に会社の本当の目的はコスト削減だろうと書いたけど、守られない場合が多いということだから目的ハズレの証拠が増えた。笑

⑤ 「残業すべきだから良くない」: 0%

0%で良かった。残業すること自体は良くないと思わないけど、義務だと思うことは無理やり自分の考え方を他人に与えることになるからあまり好きじゃないね。自由の世界がいい。

⑥ 「良いと思う (その他の理由)」: 0%

ということは、俺が述べた「良い」と思える2つの理由が、すべての良い理由なんだね。笑 いや、調査人数が少なかっただけだろうね。悲しい・・・笑

⑦ 「良くないと思う (その他の理由)」: 5.9%

5.9%と言っても、1投票でその理由はコメントによると:

・ 「サービス残業が増えるだけ (男性/20代/大阪)

ということは、会社のケチる手段に過ぎないってこと?それは辛いな~

⑧ 「特に何も思わない」 : 29.4%

コメント:

・ 「いいから俺に仕事くれ」 (男性/50代/東京)
・ 「俺にも仕事をくれ

この2人は、失業して苦しんでいるか、仕事があるけど物足りないかのどっちかかな?

前者だったら、それこそ毎日をノー残業デーにする理由になる。例えば月40時間残業をする人を4人並んで毎日残業させなければ無職者を一人減らせる。

スキルの問題やボーナス等も考慮しないといけないし、単純化し過ぎているけど、全国のすべての残業時間をゼロにして、それでし切れない仕事を無職者に与えれば無職率はかなり減るはず。

・ 「日本はニート大国

数字がないから何とも言えないけど、世界で第3位の経済だから働いてる人も多くいるはず。笑

 「しかし部署間で格差がありすぎる」 (男性/20代/東京)

もちろん会社にはよるけど、これはほとんどどこにもありそう。経営の問題なのか、人材の能力のバランスの問題なのか、どっちかな。100%自分で部署を選ぶことができたらいいのにね・・・

・ 「毎日、 ノー残業「代」デーですが、何か?

それは大変ですね・・・


こんなところでした。

細かく見ることによって思ってきたことは、ノー残業デーの本来の目的は達成されていないようだね。

守られていないか、リフレッシュできることがあまり意識されていないか、あまり気にされていないか・・・

先週も言ったけど、日本の残業をすることが前提となっている文化はあまり好きじゃない。やりたい人はやって、やりたくない人はやらない、という、自由な世界の方が好き。

会社にとってはこれは困難だろうけど、残業したくなければ毎日をノー残業デーにして、会社ができないことを社員側から変えていけばいいんじゃないかな?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月18日

オーストラリアのフットボール


昨日は、オーストラリアのフットボールの試合を見た。

日本で、スポーツに興味がある人に、「オーストラリアの最も盛んなスポーツは何?」とよく聞かれるけど、その答えはこのフットボールだ。

但し、それだけで「なるほど」となることはほとんどない。大体、その会話の流れはこんな感じになってしまう:

相手: オーストラリアで最も盛んなスポーツって何?

俺: オーストラリアのフットボール。

相手: オーストラリアのフットボールって?ラグビー?

俺: ううん、違う。

相手: サッカー?

俺: いや、また違う。

相手: アメリカのフットボールみたいな感じ?

俺: いや、それとも全然違う。

相手: じゃ、何なの?

俺: だから、オーストラリアのフットボールです。オーストラリアでしかやっていない、独特なスポーツ。

相手: そんなスポーツあるの?

俺: (なかったらあると言わないよ、と思いながら・・・) はい、あります。

相手: えー、全然聞いたことない・・・


ほぼ毎回こうなるというのは言い過ぎじゃない。変わるのはスポーツの順番ぐらい。笑

でもさ、答えがラグビーとかサッカー だったら、それを直接言う。わざわざ混乱させるような言い方はしないから。

「途中でちゃんと説明すればいいのに」、と思う人がいるかもしれないけど、いつも「ううん、ちが・・・」と言ったところくらいで、次の質問が来るから無理。笑

いつも思うんだけど、なんで自分が知ってる範囲以外に存在するものがあるということがそんなに納得しにくい?笑

知らないのは全然いいけど、世の中に聞いたことがないものがたくさんあるものだから、オーストラリアは国としてスポーツを開発することなんて考えられないみたいにびっくりしないでください。笑

じゃ、どういうスポーツなんでしょう?

スキルもスタミナもとても要求され、ペースが速くて非常にタフなスポーツです。最高に面白い。

興味があれば是非見てください:


YouTubeで見る

ちなみに、オーストラリアでしかやっていないと書いてしまったけど、それはちょっと嘘。

プロレベルでやっているのはオーストラリアだけだけど、他の国でも小さなリーグがあったりする。日本にもある

とても面白いスポーツだから、機会があったら是非何かの試合を見てください。

そこまでしなくても、少なくともこれを読んでくださった人は、オーストラリアのフットボールのことをラグビーとかと間違えないよね?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!