2011年8月2日

皆様は満足していますか?


今日は、何かのアンケートを渡されて、一つ目の質問を見て一人で笑っちゃった。

「皆様は満足していますか?」と。

日本人に聞いたら、これは特におかしくなくて逆に普通の言い方だと言われ、なかなか同感されなかった。

これが普通だったら、単純に俺の捉え方が違うということだけだけど、正直俺が正しいと思う。笑
 これがおかしく思われないのが日本語の変なところ。どの言語もそういうのあるからいいけどさ。

じゃ、どう捉えるかを説明してみよう。

「皆様は満足していますか?」と聞かれると、回答をする人が自分一人の意見を聞かれているのではなく、他の人の意見も含めた"皆"の答えについて聞かれているように見える。

例えば、俺がそれに答えようとすると、皆様の意見を聞いてから、その皆様の意見を回答として書く。

だkら省略せずに答えをフルに言おうとすると、「皆様は・・・」から始まる。

これを見て思ったのは、アンケートはそもそも皆様の意見を集めるためのものだから、なんでアンケートの回答者である俺は代わりに皆さんの意見を聞いて報告しないといけないのか?って。笑

バカバカしくて、もちろんそう頼まれている訳じゃないけど、この言い方に対して慣れていなくて、そして一般的にアンケートに対する概念を忘れて、純粋に言葉だけを見れば、「皆様は・・・」から始まる回答しか考えられない。

こういう言い方を変に思わない場面もあるけどね。

例えば、何かのイベントでステージに立ってる人が視聴者に「みんな元気か~い!?」と、盛り上げようとして聞いてる場合。先生が同じ質問を学生たちに聞くような場面でもいいけど。

同じように、複数の人に返事を求めている。

でもやっぱ違う。

アンケートは一人で答えるから。でも、ステージに立ってる人に答えて最高に元気であることを表現する時は、皆さんと一緒に答える。

これによって、それぞれの回答をする時の感覚が全然違う。

「皆様」という表現を使っている理由は、結局日本語の使い方が場合によって不便だからだね。"You"と言わないから。

英語なら "Are you satisfied?" と書けるけど、「あなたは満足していますか」ってさすがに聞きにくいよね。

まあ、実際この場合は、「満足していますか」で十分だと思うけど、"You"がすごく便利な場合がある。というか、使いたいのに使えない時が不便。笑

例えば、落し物をした人に、「すみません、落し物ですか?」と聞きますよね。

今までは機会がなかったと思うけど、いつかこう答えたい:

「はい、落し物です。誰のかわかりませんが・・・」

英語なら、 "Is this yours?" とか、"Did you drop this?" とかと言えるので、こんなふざけた回答ができない。

最終的に、何の場面でも、"You" に当たる言葉を使わずに言いたいことは表現できるし、 日本人は遠回りの言い方が当たり前だから使わないことを不便に思わないかもしれないけど、外人としてはたまにその不便さを感じる。

 皆様、なんとか納得できましたか?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月21日

結果のない投票・・・


先週、皆さんに「ノー残業デーについてどう思う?」と投票にて聞いてみました。

ご協力、ありがとうございました!

一週間の投票期間の結果は・・・

ない。笑

投票数が少なかったのか、残念ながら決定的な結果がない。

見てみてください:



大きく分ければ、「良い」、「良くない」、「何も思わない」と、3種類の回答から選択できるけど、各種の合計を取ると:

良い: 6

良くない(無意味を含む) : 6

何も思わない: 5

(合計17)

ということは・・・

いや、その文章の続きがない。笑

はっきりした結果がないということで、一つ一つの選択肢を見るしかないね。

① 「リフレッシュできるから良い」: 11.8%

ノー残業デーの本来の目的だろうけど、11.8%の人しかこれを選んでいない。かなりのハズレですね。これだけで「無意味」だと判断できるのではないか?笑
と言っても、会社の本当の目的はコスト削減だろうけどね・・・

②  「時間管理の意識が高まるから良い」: 23.5%

実は、「良い」と思える理由は一個じゃ足りないと思ってこれを入れただけなのに、割と人気だった。笑 毎日定時で帰るようにすれば、時間管理の意識が更に高くなるよ、きっと☆笑

この回答に関するコメント:

・ 「私の職業には関係ないですが、ノー残業デーやりようがない 」(女性/20代/東京)

なるほど。どんな職業か知らないからとても良いかとても良くないかわからないけど・・・

③ 「残業が他の日に移るだけだから無意味」: 0%

もともとの俺の予想が・・・完全に外れてました。笑 実際に一日だけをノー残業デーと決めてしっかりそれを守るようにする経験がない。おそらく、こうなるはずだった人は、単純に時間管理をよりうまくして上記の②グループに入ったのかな?

④ 「守られないから無意味」: 29.4%

これに当たる一般的な状況をよくまとめたコメントは:

・ 「上司は『やることやったら帰っていいんだぞ』。逆に言えば、出来なければずっと帰れないという罠。笑 」 (女性/20代/北海道)

だよねー。結局他の日と変わらない。

ちなみに、上に会社の本当の目的はコスト削減だろうと書いたけど、守られない場合が多いということだから目的ハズレの証拠が増えた。笑

⑤ 「残業すべきだから良くない」: 0%

0%で良かった。残業すること自体は良くないと思わないけど、義務だと思うことは無理やり自分の考え方を他人に与えることになるからあまり好きじゃないね。自由の世界がいい。

⑥ 「良いと思う (その他の理由)」: 0%

ということは、俺が述べた「良い」と思える2つの理由が、すべての良い理由なんだね。笑 いや、調査人数が少なかっただけだろうね。悲しい・・・笑

⑦ 「良くないと思う (その他の理由)」: 5.9%

5.9%と言っても、1投票でその理由はコメントによると:

・ 「サービス残業が増えるだけ (男性/20代/大阪)

ということは、会社のケチる手段に過ぎないってこと?それは辛いな~

⑧ 「特に何も思わない」 : 29.4%

コメント:

・ 「いいから俺に仕事くれ」 (男性/50代/東京)
・ 「俺にも仕事をくれ

この2人は、失業して苦しんでいるか、仕事があるけど物足りないかのどっちかかな?

前者だったら、それこそ毎日をノー残業デーにする理由になる。例えば月40時間残業をする人を4人並んで毎日残業させなければ無職者を一人減らせる。

スキルの問題やボーナス等も考慮しないといけないし、単純化し過ぎているけど、全国のすべての残業時間をゼロにして、それでし切れない仕事を無職者に与えれば無職率はかなり減るはず。

・ 「日本はニート大国

数字がないから何とも言えないけど、世界で第3位の経済だから働いてる人も多くいるはず。笑

 「しかし部署間で格差がありすぎる」 (男性/20代/東京)

もちろん会社にはよるけど、これはほとんどどこにもありそう。経営の問題なのか、人材の能力のバランスの問題なのか、どっちかな。100%自分で部署を選ぶことができたらいいのにね・・・

・ 「毎日、 ノー残業「代」デーですが、何か?

それは大変ですね・・・


こんなところでした。

細かく見ることによって思ってきたことは、ノー残業デーの本来の目的は達成されていないようだね。

守られていないか、リフレッシュできることがあまり意識されていないか、あまり気にされていないか・・・

先週も言ったけど、日本の残業をすることが前提となっている文化はあまり好きじゃない。やりたい人はやって、やりたくない人はやらない、という、自由な世界の方が好き。

会社にとってはこれは困難だろうけど、残業したくなければ毎日をノー残業デーにして、会社ができないことを社員側から変えていけばいいんじゃないかな?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月18日

オーストラリアのフットボール


昨日は、オーストラリアのフットボールの試合を見た。

日本で、スポーツに興味がある人に、「オーストラリアの最も盛んなスポーツは何?」とよく聞かれるけど、その答えはこのフットボールだ。

但し、それだけで「なるほど」となることはほとんどない。大体、その会話の流れはこんな感じになってしまう:

相手: オーストラリアで最も盛んなスポーツって何?

俺: オーストラリアのフットボール。

相手: オーストラリアのフットボールって?ラグビー?

俺: ううん、違う。

相手: サッカー?

俺: いや、また違う。

相手: アメリカのフットボールみたいな感じ?

俺: いや、それとも全然違う。

相手: じゃ、何なの?

俺: だから、オーストラリアのフットボールです。オーストラリアでしかやっていない、独特なスポーツ。

相手: そんなスポーツあるの?

俺: (なかったらあると言わないよ、と思いながら・・・) はい、あります。

相手: えー、全然聞いたことない・・・


ほぼ毎回こうなるというのは言い過ぎじゃない。変わるのはスポーツの順番ぐらい。笑

でもさ、答えがラグビーとかサッカー だったら、それを直接言う。わざわざ混乱させるような言い方はしないから。

「途中でちゃんと説明すればいいのに」、と思う人がいるかもしれないけど、いつも「ううん、ちが・・・」と言ったところくらいで、次の質問が来るから無理。笑

いつも思うんだけど、なんで自分が知ってる範囲以外に存在するものがあるということがそんなに納得しにくい?笑

知らないのは全然いいけど、世の中に聞いたことがないものがたくさんあるものだから、オーストラリアは国としてスポーツを開発することなんて考えられないみたいにびっくりしないでください。笑

じゃ、どういうスポーツなんでしょう?

スキルもスタミナもとても要求され、ペースが速くて非常にタフなスポーツです。最高に面白い。

興味があれば是非見てください:


YouTubeで見る

ちなみに、オーストラリアでしかやっていないと書いてしまったけど、それはちょっと嘘。

プロレベルでやっているのはオーストラリアだけだけど、他の国でも小さなリーグがあったりする。日本にもある

とても面白いスポーツだから、機会があったら是非何かの試合を見てください。

そこまでしなくても、少なくともこれを読んでくださった人は、オーストラリアのフットボールのことをラグビーとかと間違えないよね?笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月13日

週一のノー残業デー


今日は水曜日なんだけど、水曜日を「ノー残業デー」と定める会社は段々多くなってきている。俺の職場も一応そうしている。

日本の独特な祭りだね。笑

海外で「No overtime day」と言ったら、多分、「なんで当たり前の毎日のことにわざわざ名前をつけるの?」というような反応に会うんじゃないかと思う。笑

俺は、ノー残業デーが嫌い。

ちゃんと言えば、残業をしない日が嫌いという訳ではなくて、ノー残業デーの概念が嫌い。

なぜかというと、ノー残業デーの導入は、残業しないことが何かの理由で良いと思われている証拠であるのに、ノー残業デー以外の日は残業をすることが前提になっている訳。

なんか中途半端な気遣い。

会社っぽい。笑

そもそも定時までに仕事が終わらなければ、効率がいつも同じだということを前提条件にすれば、強制的なノー残業デーを実施すると他の日の残業が増えるだけ。

実際にはこうならないと思うけどね。多分、ある程度パーキンソンの法則が関係している。

パーキンソンの法則は:

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

つまり、毎日をノー残業デーにしても、すべての仕事は終わるはず。

もちろん、これは一般的な話で、業界とかその他の条件によって大幅に変わるだろう。

どんなに時間があっても仕事が終わらないというような人もたくさんいると思う。

そんな場合は基本的に人員を増やすべきだと思うけどね。特に定時帰宅を良いと認めてノー残業デーを導入している会社は。

海外はどうかというと、すべての外国について確実には言えないけど、オーストラリアでは残業しないことが一般的だ・・・と思う。笑

オーストラリア人のくせに海外で社会人として働いたことがないから経験から何も言えないけど、例えば、地元のメルボルンでは、道路も電車も17時~18時までが圧倒的に一番込む時間帯。20時とかに出かけたら、道が結構空いている。

ノー残業デーという概念が嫌いなのは、そんなことが必要ないところで育ったからかもしれないね。

だからこそ皆さんの意見が聞きたくて、投票を作りました。

是非右上の投票でご意見を教えてください!
投票期間が終了しました。(結果はこちら

「ノー残業デー」についてどう思う?

① リフレッシュできるから良い

② 時間管理の意識が高まるから良い

③ 残業が他の日に移るだけだから無意味

④ 無視されてしまうから無意味

⑤ 残業すべきだから良くない

⑥ 良いと思う (その他の理由)

⑦ 良くないと思う (その他の理由)

⑧ 特に何も思わない


約一週間後に結果について色々書いてみるので、是非読みにお越しください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月12日

間違えた夕食


昨日は、大変な事件が起きてしまった。

言いすぎだね・・・ 起きて欲しくないことが起きてしまった。笑

帰りにスーパーに寄って、簡単に焼いて食べれるものを買おうと思って、よく食べてるサラダをかごに入れてから肉のところに直行。

味付け鶏肉が3種類ぐらいあって、その中から選んで家に帰った。

ちょっと時間が経ったら、そろそろ作ろうかと思い、鶏肉、サラダ、そして冷凍してあったご飯を取り出して、さっそくフライパンに油かけて鶏肉を入れた。

スーパーでは見た目で選んだから味がよくわからなかったので、結構細かく切ってあるなと思いながらラベルを見て味が書いてあるところを探した。

なかなか見つからない。

でも、知っておきたかった情報は見つけた。

商品名が、「ブラジル産わかどりひざ軟骨味付・・・」  え?軟骨だって!?

漢字を読み間違えたと信じたくて一瞬疑ったけど、「ひざ」はひらがなで書いてあったし間違えなくナンコツだった。

フライパンで途中まで焼けてる肉を見ても、普通にピンクがたくさんあって細かく切られた鶏肉に見えたのに。

もう、仕様がないと思って、最後まで焼いてチンしたご飯に乗せてサラダと並べて食べ始めた。

この食感はやっぱ軟骨だな。

軟骨揚げとかは、うまくできてると美味しいと思うことはあるけど、これは単純にフライパンで焼いただけで、サクっとしないし、割と食べにくい。

しかも、付いていた味が薄くてあまり美味しくなかったからそれでなんとか最後まで我慢することもできなかった。

結局、5個 ぐらい食べて、そして肉が多めに付いてたやつを探し出して無理やり食べて、

残りは諦めて少しだけ味が付いたご飯をそのまま食べた。

やっぱり物足りなかったから、緊急対応としてパン一枚を折って間にスライスチーズを入れてなんとか明日まで生きていけるようにごまかした。笑

ちなみに、そこでふっと思ったのは、今回はチーズを入れたけど、パンはそのまま食べてもたくさん美味しく食べれるのに、ご飯は何かおかずとか味付けがないとすぐ飽きてしまう。

米を主食とする日本人は逆かな~?いや、パン対米の話はまた後日の投稿にしよう。

今日の大事なレッスンは、ラベルを読むこと。笑

なんか、簡単すぎる。笑

でも昨日みたいなことが二度とないように必ず守る☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月10日

日本での映画館体験


昨日映画を見てきた。

そこで、日本で映画を見る度に毎回思う2つのことを、相変わらず思った。

1.映画終わった時が暗い

映画自体が終わっても、エンドロールが終わるまで電気が付かず、みんながそのまま付くまで待ってる。

なんで!!?? 笑

俺が知ってる海外では、映像が流れ終わった瞬間、電気がすぐに付く。

その流れで、エンドロールが終わったら、掃除人が半分の仕事を終えてる。家が近い人はもう既に歯を磨いてる。

付けない理由としては、頑張って映画を作った人の名前が流れているから、その人たちに感謝すべきではあるかもしれないけど・・・

・・・実際にその目的で最後まで慎重に見てる人はほとんどいないでしょ。

エンドロールが流れている間に思ってることは、こんなパターンになるんじゃないかと:

① 映画終わったし、もう出よう (と、出て行く) (5%)
② 感謝の気持ちを込めて、最後までみていよう! (0.5%) 
③ 暗い。なんか、出たいけど、見えなくて危ないから最後まで我慢しよう・・・ (50%)
④ 出たいけど、周りが座ったまま最後まで見てる・・・空気を読んで一緒に待とう。(43%)
⑤ 出たいけど、~を落としちゃって、電気が付くまで探しようもない。(1.5%)

(ちなみに、上記のパーセンテージは適当です。笑)

勝っての想像ではあるけど、上記の②の人のために③、④、⑤の人がみんな我慢して黙って待ってると思う。

意味ないから、映画自体が終わったら、電気をつけてください。

2.冗談が字幕で通じてない

もちろん、日本の映画なら関係ないけど、海外のコメディの映画を見ると、必ず字幕で伝わってない冗談がたくさんある。

その内、多分言語に依存する冗談が多い。表現や言い方が面白いとか、だじゃれだとか・・・特に言い方が面白い時は、俳優のうまい演技がちょっと勿体無いと思ったりする。

また、文化的な冗談もよくある。 例えば日本であまりニュースにならなかった事件や、知られていない有名人などが冗談の中心となったりして。

こういう、日本人には絶対通じてない冗談が出てくると、一人だけでわかってることでちょっと困る。笑

例えば、昨日の映画では一回は一人で大爆笑したけど、言語に依存する冗談だったからもちろん周りには通じてない。そのため、周りの反応があまりにもなさ過ぎて、頑張って静かに笑うしかなかった。笑

残念だと思いながら、実はその笑いの一部は、一人で笑ってることの面白さだったと思う。笑

でも字幕書いてる人は頑張ってるし、仕様がないよね。

同じように俺が日本のコメディの映画を見たら、英語の字幕があっても通じない冗談があるはず。

でもどっちの場合も、すべての冗談が伝わらない訳でもないし、結局楽しく見れるからいいんだ。楽しく見ましょう。

というところで、こんな2つのことを日本で映画を見る度に思う。

冗談が通じないのは仕方ないけど、映画が終わったら我慢せずにすぐに安全に出れるようにして欲しいな~。映画館の管理者、よろしくね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月7日

"Catch-22" の本当の意味


昨日、アメリカに住んでいる日本人の大学の先輩が、新しい言葉をお客さんに教えてもらったということをFacebookでつぶやいた。

その言葉は、"Catch-22"。

結構面白い言葉で、俺はかなり好き。

但し・・・そのお客さんの説明が間違っていた。笑

まあ、そのお客さんがどう説明したかわからないから確実には言えないけど、先輩のつぶやいたことがその説明の結果だったら、正しくなかった。

先輩が何を書いたかを訳すとこうなる:

「今Catch-22の状況だ。日本に帰りたくて寂しいけど、ここも大好きだから帰りたくない。」

確かに悩ましい状況ではあるが、Catch-22ではない。

Catch-22という表現は、もともと同名の本で作られた造語で、下記のような状況を表す:

Aという状況から、Bという状況に移りたい。ただし、AからBに移るためには、Aの状況であるために取得できないものがあるので、移ることが不可能。

抽象的でわかりにくいと思うので、いくつか例を挙げておく。

まず、Catch-22という本を読んだことはないけど、Wikipedia (英語)によるとそこで発生する代表的なCatch-22状況は下記の通りらしい:

主人公は戦闘機のパイロットで、参加する義務がある各ミッションがとても危ないため、参加したがらない。
ルールとして、正気でないと判断されれば参加する義務がなくなる。
但し、正気でないと判断されるためには申請が必要であり、申請を提出した時点で思慮分別で正気だと判断される。
なので、正気でも正気でなくても、ミッションに参加する義務がなくなる状況が考えられない。

これを上記の説明に当てると、Aは「ミッションに参加したくなくても参加する義務がある状況」で、Bは「参加義務がなくなった状況」である。でも、参加したくないと思えるほどの正気がある限り、取得できないのは「正気でないと判断されること」。

もともとこの本は皮肉の内容らしくて、このパイロットの状況は実際にないと思うけど、一般生活でもCatch-22は珍しくない。

例えば、身分証明書を取得するためには、他の身分証明書が要求されるので、もともと何かの身分証明書を持ってないと取得することができない。

また、一流の会社で採用されるためには他の一流の会社で働いた経験が必要とされるけど、そもそもその経験がないからこそ必要とされる経験を溜めることができない。

こんな感じだけど、もともと先輩が書いた内容はCatch-22になるでしょうか?

違いますね。

しようと思えば、日本に帰ることもアメリカに残ることも、どちらも可能。

もちろん両立するのは不可能だけど、「アメリカにいるからこそ日本に帰れない」というようなことはない。

単純に2つの希望が矛盾しているだけ。

だから、新しい言葉は、ネイティブに教えてもらった場合でも、たまに間違っていることがあるから気をつけてね。笑

そして、最後にもう一つのCatch-22を説明したい。対象は、このブログ!笑

もちろん、このブログは多くの人に見てもらいたい。

そのためにブログランキングに参加していて、このページ載せているランキングのバナーやリンクをクリックして頂くと、ポイントが入ってランキングが上がる。

ここのCatch-22は、ランキングがかなり上に行かないと読者が大幅に増えることが期待できないけど、上に上がるためには、上位のランキングでしか期待できない数多くの読者が必要。

まあ、上位に入らないのは単純に面白くないからかもしれないけど・・・凹 笑

でも、そう思っていない、ここまで読んで下さった貴方には、一つの貴重な機会を与えます!

それは、一つのCatch-22を解決させる機会!

人気ブログランキング

クリックありがとうね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月5日

日本語の見た目が綺麗らしい


先週、みなさんに、「日本語と英語、どちらの見た目が綺麗?」について投票をお願いしました。

皆さんのご協力、ありがとうございました!!

結果はこうなりました:


ただ、「どっちも綺麗」、「どっちも見にくい」、「もう、どうてもいいよ」以外の回答には、「文章」と「個別の文字」と、二つの要素についての質問があって、それぞれの回答が混ざっているので、合計を取るとこうなります:

文章 

英語: 7件
日本語: 13件

個別の文字

英語: 5件
日本語: 15件

まあ、どっちも割と断トツですね。ということは、このちょっとした投票によってわかるのは・・・

(回答者が主に日本人だということを前提として)

やっぱり日本人にとって日本語の方が綺麗。

まあ、そうだよね。笑

自分たちの言語だし見慣れているし、綺麗だからね。

「どっちも綺麗」との回答した人が12人で全部の3割ぐらい。いいね。

それとの正反対で、「どっちも見にくい」と回答した人が一人いた!笑

本気で言っているのかふざけて回答してるのかどっちかわからないけど、どっちにしてもちょっと悲しい・・・

でももっとひどい話は、コメントにあった。

会わなくても絶対嫌いだとわかる人がこんなコメントを書いた:

「もう、どうでもいいよ」 : 韓国人かよ、情けない

→ 情けない質問かどうかは別として、このような差別は許せない。

同意してくれた人がこう書いた:

「どっちも綺麗」 : 韓国人よりも情けないから安心して、誰かさん

→ ありがとう!笑

ただ、「韓国人よりも」と書いてしまうと、韓国人はある程度情けないということに捕らえられてしまう・・・多分この意味では書いてないだろうけどね。そう思いたい。

そして、情けないくんと同じような感じで、このコメントをした人もいた:

「もう、どうでもいいよ」 : 日本人だから日本語の方が好きだが、朝鮮人じゃあるまいしこんなもんで優劣競おうと思わん

実はこれが先に書かれていて、多分上の情けないくんがこれを見て俺が韓国人だと思ったかもしれないけど、それも別にして、結局朝鮮人/韓国人に対して先入観を持っている人が多いな・・・二人だけだけど、2人でも多い。人間は人間で流れてる血は同じだよ~

ちなみに、 「優劣競おうと思わん」については2点:

① 優劣競おうとしてないよ。日本人はどう思ってるか知りたかっただけ。記事読んでくれたらそれはわかった。
(投票を機能を提供してる「人気ブログランキング」のサイトからも直接投票できるので、このブログを見ていない投票者もいます。)

② 自分がしようと思わないことを、他の人もしようと思わなかったら、世の中はつまらないよ。

幸いなことに、下記のようなポジティブなコメントもあった。

「文章は英語、個別の文字は日本語」 :  書くのは英語が楽。書かれた物を見るのは漢字の方が早い

→ これは、よくわかる!英語の方が得意だから俺は英語を読むのも漢字より早いけど、漢字は効率的に間違えない。言語の理解度が同じだったら読みは絶対日本語が早い。パソコンがなければ書くのはくそ遅いけど・・・

「文章は英語、個別の文字も英語」 :  小日本語は使いにくい

→ よくわからなかった。笑 小さい文字のことかな?だったら賛成。

「文章は日本語、個別の文字も日本語」 :  自分の国が一番でしょう。

→  国じゃなくて、文字の話ですが・・・ でも適度な愛国心はいいと思う。笑

 「どっちも綺麗」 :  書き手によって綺麗にもなるし汚くも見えるのでは?

→ 確かに!てか、質問を述べた時は手書きを全く考えてなかった。すみませんでした・・・

ちなみに、俺の手書きの英語は相当汚いから、綺麗に書かれた日本語じゃないと読めない自分は手書きはやっぱり日本語が綺麗だ。笑

「文章は日本語、個別の文字も日本語」 :  活字にするとそのように見えるのかも知れませんが、文字を芸術にまで高めた日本語はやはり美しいです

→ 納得。日本語は本当に芸術だと思う。特に、中国語みたいに漢字ばかりじゃなくて、ひらがなと混ざってることが美しいと思う。カタカナはどう見ても読みづらいけど・・・笑

「どっちも綺麗」 :  どっちも味がある。でも時々、誤字の日本語をタトゥにしている外人を見るとニヤってする。

→  そうだね。でも、タトゥまでしなくても、日本での生活では誤字の英語を見ない日がほとんどない。笑 最初はニヤってしたけど、今は気づかないぐらい慣れてる。

ちなみに、海外でも間違ったスペルの英語のタトゥをする人がたまにいる。バカバカしさに笑うしかない。笑

以上ですが、皆さん、ありがとうございました!

また近い内に投票してもらいたいと思うので、是非ご協力ください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月3日

オステオパシーってすごい


昨日はめっちゃ久しぶりにオステオパシーを受けてきた。

オステオパシーは何なのかわからない人が多いと思うけど、整体の一種だと考えていいと思う。

ただ、整体と言っても、ポキポキという、みんながよく持つイメージの整体ではない。カイロプラクターとは違う。詳しく知りたければググッてみてください。

なぜそういうのを受けているかというと、何年か前から腰、背中、首が痛くなったりするから。姿勢にバランスが取れていない。

治療を受けながら自ら努力して治そうと思えば治るものだけど、結局ストレッチするのをめんどくさがったり、ちゃんとした姿勢を取らなかったりして、自分のせいで治らない。

運動やストレッチをして少し良くなったりすることはあるけど、完全に治すようにはしていないから結局治療を受けないととても辛い時がある。

それで、オーストラリアではオステオパシーを受けていて、かなり効果を感じたので、日本に働きに来た時もまたオステオパシーのクリニックを探した。


日本ではあまり知られていなくてクリニックが少ないけど、都内では時々点在している。

最初探してた当時の家に近いところを見つけて、行こうと思ってたけど、一つの大きなマイナス点がある。

健康保険が効かないので、一回で約5000円で割と高い。

そのため、もっと安く通える整骨院に行くことにした。でも、それは、かなりの失敗。

通ってた整骨院自体もスタッフも良かったし、問題によって効果的な治療法かもしれないけど、俺の問題にはあまり適切じゃなかった。

毎回治療を受けた直後は比較的に楽になったことが多かったけど、数ヶ月と数万円をかけた結果、長期的な効果が全く見えなかった。

しかも、保険が効くため安いと思っていたところが、「毎日来ないと効果がないよ」と言われて、特に最初はほぼ毎日行ってたから使ったお金がどんどん溜まっていく。

オステオパシーは全然違う。

治療を受けた直後はもちろん楽になるけど、1日か2日が経ったところで体が治された姿勢に慣れて更に楽になる。だから、逆に毎日行かない方がいいと言う。

そして、一回での体内の変化が割りと大きくて、正しい姿勢やもともとの問題に関係する筋肉をストレッチしたりすると、ある程度キープできて、長期的な効果を感じる。

もちろん姿勢のくせがあって自然にそれに戻りやすいので一回では完全に治らないけど、2週間後とか、1ヶ月後とか、ちょっと辛くなった時に来ればいいと言われたりする。

辛くなっても治療を受けに行くことを後回しにしなければ、治療が必要と感じる頻度がだんだん減っていく。

整骨と一番目に見える違いは多分患者に対する関心度だと思う。というか、治療を受ける側で感じる関心度。

整骨院は、ファーストフードみたいに、「はい、次」と言いまくってできるだけ対応できる客を増やすという印象が強い。そして、治療されている時間の内も、実際に人間がやってくれる割合が低い。店によるだろうけど。
 
オステオパシーは、ずっと人間がやってます。固まってる筋肉を柔らかくしてから傾きやズレを丁寧に治してくれる。同時に何人かを対応するのではなくて。

整骨院などももちろん患者のことを気にしてるしそれをある程度感じるけど、レベルが全然違う。アドバイスとか原因の説明なども良い。

今通っているところに初めて行った時、すぐに効果を感じた、すごく簡単なアドバイスをもらった。

「立つ時は、体重を片方の足に乗せないように気をつけてください」と。

当たり前なことかもしれないけど、自分ではそうしていることに全く気づいていなかった。

日々意識してみたら、毎日何回もそう傾いてることに気づいて、毎回治してたら、治療を受けなくても前より圧倒的に楽になってた。


数ヶ月整骨院に通っても、そのようなことは全然言われなかった。「なんでこうなると考えられる?」とどんどん聞いていたけど、このアドバイスは一回ももらえなかった。

それは、そういう問題があったことがわかっていないのか、お金になる患者でいてくれればいいと思っているのか、理由はわからないけど、とにかく言われなかった。

一箇所を基準にしてるだけだし、もちろん整骨院は良くないとは言えないけど、経験からみるとオステオパシーの方が圧倒的に効果的に感じる。

お金の面から考えると、一回が高くても行く頻度が少ないし、 場合によって合計的に安い。

日本の健康保険制度は、みんなが治療を受けるようになっているからとてもいいと思うけど、なぜオステオパシーが保険の範囲に入らないのかが、ものすごい疑問に思う。

健康に効果があると認められている治療法だし、危ない物議を醸すようなものでもない。

単純に、日本ではあまり理解されていないからだと思うけど、そんな理由だったら厚生労働省が手を抜けている。

そうじゃなくて、ちゃんとした理由があるなら、それが知りたい。

でも結局保険が効かないため一回が高くても、長期的には整骨院より効果があると思うので、体の痛みで悩んでいる方は是非お試しください☆


面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年7月1日

日本を含める全世界で成功するSNS?


ソーシャルネットワークと言えば、日本はミクシィ、海外はFacebookに間違いない。

日本でもFacebookのユーザ数がだんだん増えてきているけど、海外みたいに、使ってるのが当たり前という状況になる日は絶対に来ない。

正直、Facebookの方が機能が良いと思うけど、どんなに便利な機能が揃っていても、プライバシーで何度も何度も事故ったFacebookは 、やっぱり日本の文化に向いていない。皆さんわかっている話だと思うが。

でも、プライバシーが良いせいでミクシィが使いづらいところがある。例えば、本名よりニックネーム中心であることは確かに安全だけど、自分のマイミクに もニックネームだけじゃ誰が誰かわからない人もいたりする。笑

わざわざプロフィールを見に行かないといけないのが不便。笑

でも、プライバシーあってこその、俺が結構好きな機能もある。

それは、足あと。

友達が見に来ていることや、同じ趣味の人が見に来たりすることがわかるのが、なんか楽しいよね。でも、本名載せていたら絶対嫌だ。

ミクシィでも足あと嫌いという人もいるけど、マイミクにならない限り匿名にできるので、そんなに悪くないと思う。

ただ・・・

足あとの機能が「先週の訪問者」に変わりましたよね。

この新機能を発表した時は:

『「足あと」を改善し、「先週の訪問者」として提供開始』

と発表したけど、こっちの方が適切だと思う:

『「足あと」を廃止、全く使うものにならない機能を追加』


話がちょっと飛んでしまったね・・・すみません。

なぜ今日これを話し出したかと言うと、それはグーグルの新ソーシャルネットワークが発表されたためだ。

グーグルプラス」のことを言っています。

FacebookやミクシィのようなSNSです。現時点では一部のグーグルアカウント所持者のみに公開されているが、今後は全員に公開される予 定。

これはね・・・ちょっと期待している。

もちろん、Facebookやミクシィの代わりに使われるようになるまでは道が長く、乗り越えるのは無理かもしれないけど、ホームページを見る限り、 機能的には良さそう。

特に、友達をグループに分けることができるのが大きい。これは本当の生活を反映するから現実的。

解釈が合っていれば、例えばつぶやきや写真は、誰に公開するかが選択できる。

イメージとしては、同じ部屋にいる人にしか見せたくないものはその人たちだけに見せて、隣の部屋にいる人に見られないようにできる。

Facebookで問題となるのは、とても高い確率で家族のメンバーから友達のリクエストが来る。海外ではよ~くあることだけど、これは困る。

もちろん断れないし、例えば母が友達になったことによって、一部の友達だけに言いたいことが言えなくなる。恥ずかしいことをみんなが見えるところで 書いてくるし。特にFacebookを使いこなせていない母たち。笑

ちなみに、この現象について曲があるのだ。笑

英語なんだけど、結構面白い。Facebook使っていて、なおかつ母が友達になっている人にしか通じないかもしれないけど、見たければここで見れます 。笑

歌詞のサンプルを軽く訳すと:

母がFacebookをやっている
ガミガミを言う方法を新しく見つけた
母がFacebookをやっている
友達の写真でタグされた時にコメントを書いている
(映像で酔いつぶれた様子の写真に、「これを削除しろ!あなたの行動に大がっかり!」と書く)
母がFacebookをやっている
俺をストーカーするためだけに登録したろう
母がFacebookをやっている 
子供のころの写真を載せてるためモテなくされている

こんな感じ。笑

グーグルのPRの通り、グーグルプラスでオンラインの世界を本当の世界のようにコントロールして、こういうことを避けることができるなら、是非みんなに 乗り換えてもらいたいね。

でもみんながFacebookやミクシィに相当の不満を持たない限り、それはやっぱり難しい。

グーグルはBuzzやWaveで何回かこういうサービスで失敗してきたけど、今回はちょっと違うと思う。自分の失敗、そしてFacebookの失敗か ら学んでいるはず。

日本で要求されるプライバシーも考慮したサービスっぽいしね。 これこそ日本を含める全世界で大ヒットになるんじゃないかと思う。 

結論としては、良いもの作ってそう。使ってみたい。

後は5億人程の協力を受けるだけだね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月29日

最近ハマっている音楽


最近、ほぼ毎日聞くというぐらいハマっている音楽があるのだ。

あまり有名なバンドではなく、特に日本では絶対知られていないんだけど、これからは少なくとも海外ではとても人気になると予測する。

でも、まだ有名じゃないし、俺は日本にいるし、じゃ、どうやって知ったかって気になるところじゃないかと。

そんなことないか? 気にしてないよね、きっと。笑

でも、俺のブログだからさ・・・その権利を持って説明します!笑

実は、Facebookで友達になってる人から教えてもらった。

この人は友達と言っても、アメリカで旅行している時に知り合ったイギリス人で、それ以来は全く連絡取れてない。

でもFacebookで友達になってるので、Facebookに載せている情報は一応流れてくる。

その中で、「このバンド応援してね」とつぶやいていた。

最初は見飛ばしたんだけど、何度も何度も同じバンド名が書かれていて、そしてある日、「ビデオを作ったので見てね!」とのつぶやきがあって、かなり 気になった。

YouTubeのリンクもあったので、さー、見てみようかと。

一言で言うと・・・

最高。

音楽もビデオも。

始めて見てからもう何週間経ってるけど、もう紹介したくて仕様がなくなりました。笑

ということで、バンド名は、"Rizzle Kicks"。

ジャンルは・・・説明し辛い。笑

とりあえず見てください!
(ビデオはすべてそのFacebookの友達が作ったものです。)

まずは、つい最近イギリスのみでiTunesで発売されている、"Down with the trumpets":



YouTube で見る


次は、落ち着いた感じの、最初から最後まで歌詞の意味が2つある、"Miss Cigarette":



YouTube で見る


最後に紹介するのは、"Prophet (Better Watch It)"。曲も良いいし、ビデオはやばい。1000枚ぐらいの写真で作ったらしい 。



YouTube で見る


俺は最近この3つの曲を中心にハマっているけど、全部見てくれた方もこれからハマるよ、確実に。笑

いつか日本でアルバムが販売されるように応援しましょう☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月27日

日本語と英語、どちらの見た目が綺麗?


俺の仕事では、同じ資料の日本語版と英語版と関わるんだけど、どうしても英語の方が見た目が綺麗だと思ってしまう。

もちろん英語の文章の見た目の方が慣れているし、自分にとって読みやすいことも関係あるだろうけど、客観的に見ても、英語の方が見やすい気がする。

もしかしてその理由は、日本語より英語の方が空き領域が多いからじゃないかと思う。黒と白のバランスがよく取れている。

日本語はよく取れていないってことだね・・・笑

日本語の文章ではよく改行を入れたりして、白の領域を増やすけど、英語はそうしなくてもいい。

メールなどの横書きの文章も、日本語だと幅を割と狭くしないとちょっと読みにくいのに対して、英語は平気で画面の幅を全部使う。

これはある程度日本語の効率のためかもしれないけどね。というのは、 日本語の一個一個の単語はほとんど2~3文字で済むけど、英語はもっと長い単語がたくさんある。

でも、文章じゃなくて、個別の文字だけを見る場合、漢字の方が圧倒的に綺麗だと思う。絵だもんね。アートだ。
 
色々1人でこう思ってても結論に至らないので、みんなに聞いてみたい。

ということで、画面の右側で投票して、下記の質問に答えて、皆さんの意見を聞かせてください!
投票期間が終了しました。(結果はこちら

質問:
日本語と英語、どちらの見た目が綺麗?

① 文章は英語、個別の文字も英語
② 文章は英語、個別の文字は日本語
③ 文章は日本語、個別の文字は英語
④ 文章は日本語、個別の文字も日本語
⑤ どっちも綺麗
⑥ どっちも見にくい
⑦ もう、どうでもいいよ

ただし!

英語がかっこいいと思ってしまう日本人は結構いると思うけど、その理由は、見た目的な問題じゃなくて、言語自体がかっこよく思われるから、これを考慮してください。客観的に見て、見た目が綺麗なのはどっちなのかを教えてください。

それで、簡単に比較できるように、ご参考にこの投稿を下記にて英語でも書いてみました。

では、よろしくお願いします☆

----

In my work, I often deal with the same written material in both Japanese and English, and I can't help but think that English just looks nicer.

Of course, this may be affected by the fact that I am more used to looking at English, and also find it easier to read, but even if looked at objectively, I still feel that English is more attractive.

Maybe the reason is because English has more open space than Japanese.  It has a better balance of white and black.

I guess that would imply that Japanese doesn't have such a balance...

In Japanese text, it is common to insert a lot of line breaks in order to increase the amount of white space, but it is not necessary to do that in English.

Also, when writing horizontally, such as in emails, the width of Japanese text needs to be confined somewhat or it's difficult to read, whereas in English, it is fine to use the full width of the screen.

This might be because Japanese is more effecient, though.  That is to say, most words in Japanese are only two or three characters, while there are many much longer words in English.

However, when looking at only a few characters, as opposed to a complete block of text, I think Kanji look far better.  I mean, they're pictures.  They're art.

Thinking about all of this by myself won't yield a conclusion, so I want to ask what you all think.

So on that note, please tell me your opinion by selecting your answer to the following question in the panel to the right of the screen.
(Sorry, this is only available when viewing the PC version)

Question:
Which looks better, Japanese or English?

① Text: English; Individual characters: English
② Text: English; Individual characters: Japanese
③ Text: Japanese; Individual characters: English
④ Text: Japanese; Individual characters: Japanese
⑤ Both look good
⑥ Both are ugly
⑦ Seriously, who cares?

One thing!

Many Japanese people seem to think that English looks "cool", but this has less to with the actual appearance of the language and more to do with the perception that the language itself is cool, so please take this into account.  Please tell me which language you think looks better when looked at objectively.

So that you can easily make a comparison, I have also written this post in Japanese above.

Thank you for participating!


面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月26日

両極端のおしぼり初体験


おしぼりって、いいよね。結構好き。

日本では当たり前の存在だけど、海外、というか、俺が今まで経験した海外ではなかなかもらえない。さすがサービスの王国日本。

普段はおしぼりはあまり深く話せるような内容じゃないけど、なぜか今週はたまたま二日連続夕飯をレストランで食べて、二日連続でおしぼりに関する初体験があった。

初体験その①:

・ 「おしぼりをもらわない方が嬉しかった」と思ったこと。

夜でも東京はかなり暑かったけど、その暑さの中でなぜか熱いおしぼりを渡された。暖かかっただけじゃなくて、持てないぐらい熱かった。冬でも熱すぎると思うぐらい。

こんなことって、バカすぎるよね。KYすぎる。

てか、これこそKYだね。空気が暑いことを読めてないから。笑

はい、すみません・・・

じゃ、なんでそんな暑い日でも熱いおしぼりを出すんだろうかと、考えてみた。

・ 間違えた
→ レストランだから、冷蔵庫と電子レンジをもっとうまく使い分けて欲しい。

・ 衝撃を与えることで印象を残す戦略
→ 効果なし。料理での衝撃にしか影響されない。

・ 店長とスタッフ全員が、数週間前から店を出ていなくて、冷房の世界しか知らない
→ ありえないけど、本当だったらせめて客がいない時には節電しろ。笑

そして、最も正解に思える理由は:
・ 客のことを考えていない

結局、客のことさえ考えていれば、こんな不適切なことはしないだろう。

今になって、不適切さのお返しとしてドルで払わなかったことを後悔してる。笑

初体験その②:

・ 「おしぼりは、熱いのと冷たいのと、どちらがいいですか」と聞かれたこと。

やさしいな~

体験①との正反対の気遣いレベル。客のことを考えている証拠。

気温が30℃を超えた日には聞かないでみんなに冷たいの渡しても誰も文句言わないだろうけど、たまに熱いのが欲しいと言う人がいるかもしれないし、聞いてくることを歓迎する。

というか、この質問を聞かれるのが初めてだということがちょっと不思議だと思う。

特に、ちょっと暖かいとか、ちょっと涼しいとか、人の感覚がそれぞれだという微妙な時期はもっと聞かれそう。

確かに日本は、言わなくてもわかるはずだという、空気を読むことが大切な国だけど、みんなの感覚が違うし望むことが違うから、聞くのが一番いいと思う。

結局、この二つの極端なおしぼり体験から言える結論は、客のことを考えることが大切。

おしぼりの提供だけでサービスで海外に勝っているので、体験①のようなバカなことで逆効果を与えず、勝ち続けてください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月24日

昼休みでできる経済復旧


昨日は昼休みの混雑による無駄な時間について書いた。

今日はその続きとして、昼休みの時間を統一する代わりに、範囲を広げて開始時間をずらすことで日本の経済が復旧できることについてちょっと書いてみたい。

一体どういうことかと思ってるだろうから、早速説明に入ります。

まず、経済学の基本は、人は選択肢があった場合、自分に有利な方を選択する。

じゃ、昼休みになるとそれがどうなるかというと、店に行く人はもちろん自分の行きたい店を選択する。

その理由は、美味しいとか、安いとか、可愛いホールスタッフがいるとか、色々あるけど、どの理由であっても、自分にとってその日に一番価値が得られる店を選ぶ。

その考えを、昼ご飯を食べるすべての人に適用すると、最も付加価値を提供する店が人気になる。

でも、みんなが同じ時間に昼休みに入ると、最も人気、いわゆる最も付加価値を提供する店が混んでしまって、その店を希望していた人の一部は時間の問題で違う店、付加価値がより低い店に行ってしまう。

もちろん、すべての店は最高の付加価値を提供できる訳ではないけど、余計な混雑のない環境でつぶれたはずの店は、混雑のお陰で生き残ってしまう。

つぶれるなんて可哀想だけど、付加価値が足りなかったことでつぶれたわけだから、つぶれたことによって、もっと付加価値のある仕事をしないといけないことが、肌でわかる。

逆に良い店は、混雑する時間帯があると、波が大きい。というのは、12時と13時の間だけが込んで、そのためにスタッフをたくさん用意するけど、13時を過ぎると空いてしまう。

1時間のシフトなんて存在しないからスタッフが暇になって生産性が減るし、借りてる土地も使わなくなるから店の財産が無駄になる。

結局、効率が悪い。

昼休みの時間をずらすと、込んでいた1時間が例えば2時間でより平等になり、必要なスタッフの数が減って、平均の生産性が上がる。効率がよくなる。

効率が良いと、利益が増える。利益が増えると、そのお金をスタッフの昇給に使ったり2店目を開いたりすることができる。

どんな使い方にしても、利益が増えると他のところで使えるお金が増える。

もちろん、そのお金は付加価値が高い企業に払うから、その企業も利益を得て、その利益を他の付加価値の高いところで使う。

こう回っていくと、付加価値の高い企業、つまり生産性が高い企業が生き残り、無駄をしている会社が消えていく。良い選択肢ばかりの世界では、無駄が許されないから。

厳しい世界ではあるが、これによって全体的の生産性が上がり、経済が良くなる。

こうして盛んになる社会は、まさに資本主義。

資本主義が経済の成長に最も効果のある考え方だと言っていいだろうけど、悪いところもある。市場の厳しさがその一つ。

そして、極端に言うと、リーマンショックみたいに、資本主義社会を卒業して欲望主義社会になることが可能性としてある。

でもさ・・・昼休みをすらずことだけでそこまで行かないから、とりあえず昼休みの混雑を減らしてみよう☆笑


面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月23日

昼休みの無駄な時間


今日の昼ご飯は外食だったけど、色々あって会社に戻るのが遅くなってしまった。

何が起きたかというと・・・

食べに行こうとしたら、まず、満員になってないエレベーターを待つ。なかなか来ない。

そして店まで行って案内されるまで待つ。やっぱりちょっと込んでる。

注文してからまた料理が来るまで待つ。込んでるから結構時間かかる。

ようやく料理が来たら、もう12時55分だった。

5分ぐらい歩いてきたところだから7分で食べて会社に戻ることは明らかに無理だったので、結局頑張っても10分ぐらい遅れて戻ってしまった。ごめんなさい。

みんなわかると思うんだけど、問題はみんなの昼ご飯の時間が同じであること。

もちろん、自分の会社だけじゃなくて、すべての会社が同じ。

そのせいでこうなる:

(見難いけど赤はエレベーター、青はレストラン、黄色は限界の値を表す)


表1

※ 調査方法: なし

限られた時間しかないので、このような混雑で無駄な時間を過ごす暇がない。

だから、昼休みが12時~で固定しているのが嫌い。

特に、前の会社でフレックスタイムがあっていつも10時前に出社していたけど、そうすると出社してからたった2時間でもう昼休み。

朝ごはん食べてない場合はちょうどいいんだけど、食べた場合はまだお腹空いてない。しかも残業しなくても昼休みが終わってから帰るまでの時間がくそ長い。

フレックスなら10時より早く出社すればいいじゃんって言う人はいるかもしれないけど、いや、それは問題外。選択肢がある限り遅い方を選ぶことしかできない。俺じゃなくて、体がね。笑

勤務時間がフレックスなのに昼休みが固定っていうのは、なんか中途半端だね。

フレックスを通じて自由を与えようとしてるのに、最も簡単に変えられるところはチャイムで管理するほど固定してる。

まあ、そう言っても実は利点もあるけどね。

まず、エレベーターの混雑率に連れ、同じ人数を移動させるために必要なエレベーターの数が減るので少し節電できる。

今それは割りと重要だけど、停電の可能性がほぼゼロの時期はこんな微妙なところはあまり関係ない。

もう一つの利点として、会社のお客さんとかの都合もあるから、どこも同じであることがわかりやすい。昼休み以外の時間に会社の全員がいなくても済むけどね、基本的に。

この辺りで、「海外ではこうなってるよ」、と海外に住んだ人にしかわからないような情報を提供しようと思うんだけど、この場合はちょっとわからない・・・笑

申し訳ない。笑

なぜかというと、俺は日本でしか働いたことがないから。バイト以外はね。

でも、おそらく日本よりはもっと自由だと思う。

てか、自由じゃないかもしれないけど、ばらばらになってると思う。ということは、会社によって、昼休みは12時からだったり、13時からだったり・・・

周りに合わせるためだけに無駄な時間が発生するのが嫌いだから、日本もこうして欲しい。というか、海外もこうじゃなかったら、海外もこうして欲しい。笑

じゃ、例えば、昼休みが12時~、12時半~、13時~と、3通りあったとしたら、こうなるでしょう:

表2

なんかいい感じだね。笑

自分で作った夢の世界に対して「いい感じだ」と思わなかったらおかしいけど・・・

結局、本当の世界は表2より表1に近い理由は、昼休みに時間が決まってるからだけど、昼休みの時間が決まってる理由は何?

「そう言う決まりだから」しか言えなかったら、変えてもいいでしょう。

表2になるように何とか改善しましょう。

ということで、今日は社員側の立場から書いてみたけど、明日はレストラン側から考えて、表2のような世界になった場合、なぜ日本の経済が復旧するかについて書こうと思ってます。

是非読みにお越しください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月20日

引越ししました!


新しいホームページへようこそ!

以前から忠実にこのブログを読んで下さっている方がご存知の通り、今日からこちらのホームページに引っ越してきました!

引越しの理由がいくつかあるので、ちょっと説明しようと思います。

(少し技術的な話になってしまうところがあるので、わからないことがあれば飛ばしてください。まあ、調べてもいいし・・・)

まず、引越しのポイントは:

・ 独自ドメイン  ("gaijinnome"の後ろの"blog101.fc2"がなくなった)

・ ホストサービスをFC2ブログからGoogleのブロガーへ

という2点です。

独自ドメインの利点:

・ すっきりで覚えやすい
     → もう覚えた?覚えたよね?よし!笑

・ 自分のものだ
     → 例えば、またいつか別のブログサービスに移動しようと思ったら、ドメインネームを持って行けるので変えなくてもいい

一つだけの欠点は、お金がかかることだけど、1年で1000円程度だから対したことじゃない。

そして、FC2からブロガーに引越した理由については、まずブロガーの利点から行きます。


FC2に比べてブロガーの利点

・ 独自ドメインが登録できる

・ アクセス解析が組み込まれており、統計はサーバー側で取っている
     → FC2の場合は、アクセス解析ツールを自分で導入しないといけないし、クライアント側でしか設定できない。これと、スマートフォン用テンプレートのソースコードが変更できないため、FC2ではスマホからのアクセスは全く解析できない

・ 使いやすい
      →  特にデザインやレイアウトは簡単に変更できる

・ ブログの設定などで解決したい問題があれば、英語で調べられる
     → もちろん楽でもあるけど、それだけでなく、ネット上の英語の材料がやっぱり日本語よりよっぽど多い

・ 余計な広告がない
     → こちらで表示されている広告はすべて俺が貼ったものなのに対して、FC2のブログ(特に携帯用サイト)は勝手にFC2の利益になる広告が貼られている。

但し、不利なところも少しあるけど・・・

ブロガーの不利

・  携帯用サイトはスマートフォンに最適化されているので、
1.普通の携帯用サイトのデザインが変更できない
2.スマートフォン以外の携帯からアクセスする場合は自動的に携帯用サイトに飛ばない
     → みんな、スマートフォンに変えればいいんだよ。笑 そんな時代なんで・・・笑

・ ブロガーの標準ブログパーツは日本語に対応していないものが多い
     → 例えば、右側の「最新の記事」(PCサイト) の日付が英語になっている

また、どちらも物足りないところが一点:

・ スマートフォン用のデザインが変更できない
     → ブロガーの場合はテンプレートによって色などがPC用サイトに合わせられるけど、それ以上はできない

そして、引越しによって、一点、大きな残念なことがある。

みなさんからの記事に対するコメントは移動できなかった・・・せっかく書いてくれたのに本当に申し訳ございません。またコメントしてください。


結局、独自ドメイン、統計、広告の3点でFC2よりブロガーの方が魅力的だったことからこちらに引っ越してきた。

新しいホームページを楽しんでください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月17日

日本人と外人の体質差


昨日は健康診断の結果として肥満だと判断されたことに対する不満を吐いたけど、今日は、その結果が出たと思われる理由の一つである、外人と日本人の体質の差をちょっと検討したいと思う。

昨日記述した通り、腹囲が四捨五入によって正常参考値を上回ってしまい、体重も8.5kgほど正常値より高かったため、6ヶ月後に経過観察を受けてくださいと言われた。

でも、どう見ても肥満じゃないし、そもそも体系が大きく異なる日本人の基準でそう判断するのは不適切でしょう。

じゃ、検討してみよう。

まず、そもそも肥満が良くない理由は、様々な病気に繋がるからだ。その意味で経過観察が薦められたでしょう。

じゃ、俺の体重や身長、腹囲などを、日本の健康機関の統計などに基づいた標準値と比較すると、ちょっとまずい状況にあるようだ。確かに俺の身長で同じ体重の日本人を見たら、筋肉量がそこそこじゃない限りちょっと肥満な感じがしそう。

但し、研究によると、同等のBMIでは、白人に比べてアジア人の方が体脂肪率が高く、腹部肥満があり、筋肉細胞内の脂質または肝臓の脂肪含量が高いらしい。

ということは、平均的には、同体重の日本人に比べて俺の方が脂肪が少ないはず。そうすると、筋肉が多いはず(そう言えば、日本人には筋肉が多いとよく言われる)。

今回の健康診断の結果にも、「内臓脂肪の蓄積が疑われます」とある。日本人だったらね。笑

また、世界保健機関(WHO)のBMI基準は25までが正常で、それ以上が肥満となっているが、アジア人(定義は少し不明)は23以上でも糖尿病と心血管疾患になる確率が上がるようだ。

俺の結果を見ると、25未満なのに、A(以上なし)でもB(僅かに以上あり)でもなく、C(日常生活に注意)と書いてあるし、日本の病院はきっと上記を考慮して裏で25より低い数字を基準にしているんじゃいかと思う。そうしないと一般の日本人に対する健康診断後のアドバイスが物足りない可能性があるでしょう。

上記の大きな2点を考えると、もちろん無駄って訳じゃないけど、やはり日本人の基準で外人の健康診断を行うのは少し不適切だと言っていいでしょう。

そう言っても、たまに診断に来る外人のためにわざわざ別の基準を設定することは求めていない。それよりは、体脂肪率を測って欲しい。体脂肪率を測らないで人のことを肥満と判断することは間違っていると思う、外人じゃなくても。

ということで、俺が知りたいがため体脂肪率を測ってみた。

残念ながら、皮下脂肪を測る道具がないため、割と不正確な方法を導入するしかなく、ウェブ上で見つかった計算ツールを使ってみた。結果は下記の通り:

http://www.linear-software.com/online.html
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲、首周り
結果: 14.96%

http://www.weightsnet.com/Misc/calculators.html
測定項目: 性別、体重、腹囲
結果: 16.82%

http://www.scientificpsychic.com/fitness/diet.html
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲、首周り
結果: 14.9%

http://www.stevenscreek.com/goodies/pi.shtml
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲
結果: 16.8%

2%ほど差が出ており、あまり正確な計算ではないだろうが、大体14.5~17.5%の体脂肪率だと思っていいでしょう。
体脂肪率の基準は、どのウェブサイト見ても違うけど、大体14%~20%が標準らしい。軽度の肥満は20%~。

結論として、健康診断の結果にも関わらず、俺は肥満ではない。

結局、二日間もかけて自分が肥満じゃないということを証明したかっただけにしか見えないけど、実は少し太ったことを自分でわかってるし、もっと運動すべきだ。

健康を大切に管理していこうね☆

参考資料:
http://www.who.int/nutrition/publications/bmi_asia_strategies.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20079586
、他

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月15日

四捨五入による肥満


今日は、この間の遊ばれた日に受けた健康診断の結果が来た。

基本的に異常なしだけど、一項目だけに対しては経過観察が薦められた。

肥満だって。

嘘!笑

確かに最近は少し太ってきたけど、どう見ても肥満ではない。

しかも俺の年齢・身長(172cm)の「正常参考値」は、なんと、65kg。

どう見てもこれはに白人の俺に適応できない日本人基準でしょう。

日本人にとってこれは正常かもしれないけど、俺の体重が65kgまで下がったら死ぬんじゃないかと心配する。

今回の健康診断では、体重が73.5kgだった。もちろん、知り合い以外の人は俺を見たはずがないからイメージがつかないだろうけど、肥満ではない。

参考のために、今年の2月に行われた東京マラソンを4時間ちょいで完走した。これは肥満の人にはできないでしょう。

でもマラソンに向けてのトレーニング中でも、最低体重は71代だった。

明らかにマラソン以降は少し怠けてるけど、頑張ってもその期間で肥満にはなれないでしょう。

実は、今回の健康診断の結果で注目されているところは腹囲だった。正常値より、なんと0.1cm長かった!笑

これは数学者や統計学者がムカつくところだと思う。笑

なぜかというと、0.1cmの精度で測らないことに対して、0.1cmの基準を与えることは、四捨五入でのエラーが発生するため不正だから。計測に四捨五入をするなら、基準も同じように四捨五入しなければならない。

この場合は、肌の柔らかさもあって、0.1cmの精度は一秒で検査を終了させる適当ナースさんに無理だし、1cm、良くても0.5cmの精度でしか測ってないでしょう。

ということで、四捨五入のせいで肥満だと判断された。ムカつく。笑

何にしても、体脂肪率を全く測らずに肥満という結果を出すのが間違ってると思うけどね。それ以外の項目に関わる変数が多すぎるから。

結局、6ヶ月後に経過観察を受けてくださいと言われている。

行きません。笑 (会社の指摘により変更の可能性有・・・)

85kgで明らかに肥満だったとしても行かないけどね。コレステロールや血圧などが高いのだったら行くだろうけど、体重ぐらいは自分で測って自分で管理できるもんだからさ。管理スルかどうかはまた別の話だけど・・・笑

ということで、もともと書こうと思ってた内容と違う方向に行ってしまったので、次回は異なる人種の体質などについてちょっと呟こうと思ってます。

それまでは、肥満にならないように四捨五入をしっかり一貫して行ってください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月13日

変動する誕生日


オーストラリア(西オーストラリアを除く)では、今日は"Queen's Birthday"という、ちょっと面白い祝日。

何が面白いかというと、この祝日は毎年6月の第2月曜日にあるため日付が変動する。なんかいいね、毎年3連休で必ず誕生日祝いができるなんて。笑

エリザベス女王の誕生日が実に毎年違う日付で必ず月曜日にあるかというと、もちろんそんなバカなことはない。調べたところ、本当の誕生日は4月21日らしい。やっぱり固定してる。笑

イギリスはどうかなと思って調べてみたけど、6月の第1、第2、または第3の月曜日らしい。もっと変動が激しいね。

もしかして、住んでいるイギリスでそうしてる理由は、自分の誕生日を祝日にしちゃったら、レストランの予約とかが取りにくくなるから?笑

いや、それよりは、パーソナルシェフさんを休ませないといけなくなるから、毎年出前ピザになっちゃうというのが正しそう。俺だったらそれで全然いいけどさ・・・

何年か前に、オーストラリアのテレビでヒュージャックマン(以下HJ)とのインタビューを見ていたら、エリザベス女王に会った時の実話を話していた。

エリザベス女王と会った日は、たまたま6月の第2月曜日だったので、下記の会話をしたらしい。

HJ: オーストラリアでは、今日は女王様の誕生日であることをご存知でしたか?
EⅡ: いいえ、知りませんでした。
HJ: そうなんですか・・・ じゃ、ハッピーバースデー!
EⅡ: どうもありがとう!

明仁天皇と初対面でなかなかできなさそうな会話だね・・・だって、誕生日当日が天皇の日だから、わからない訳ない。笑

そんなところで、ちょっとした豆知識の記事に過ぎなかったが、勉強になったなら幸いです☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月12日

外人同士の人見知り関係


日常生活では、外人と接することで緊張する日本人によく出会うのだ。

以前の記事に登場したミスドお姉さんがその一例。どう対応すればいいかで困るような感じ。

でも今日は、ちょっと大きな秘密を教えようと思っています。

実は、外人も他の知らない外人を見ると緊張するのだ。笑

まあ、みんなじゃないし、場合にもよるし、緊張の種類は違うだろうけど、何かの形で緊張することはよくある。

でも、その原因は日本人と同じく、どう対応すればいいかよくわからないからだ。笑

外人仲間ということで特別対応として"Hello"と言ってくる人とか笑顔で頷いたりする人もいれば、一般の日本人よりも無視してくる人もいる。

俺はどっちかというと、目が合ったら頷こうと思うタイプだけど、両極端の行動もする場合がある。笑

例えば、明るい対応をしようと思っても、目が合った瞬間に俺または相手が目線を避けてしまって、ちょっとぎごちない空気になる。こういうことがあるからこそ、緊張することがある。

こういった雰囲気を特にめんどくさく思ってる場合、すれ違いそうな時に携帯を出したり、電車を乗る直前に外人を見かけたら違う車両に移動したり、他の外人を避けるために行動を変えてしまうこともある。笑

いつもじゃないよ。笑 疲れてる時とかだけ。

でも、厳密にいうと、相手は普通に良い人かもしれないし、もっと心広く対応した方がいいと思うんだよね。初印象が勝ってにマイナスに思ってても、良い出会いの機会を見逃してしまうかもしれない。

なんでそういうかというと、実経験があるから。

大学時代の留学で日本に来て2日目ぐらいに、大学の近くで歩いていたら、自転車に乗ってる留学生っぽい2人とすれ違った。「こいつら誰だろう」と勝ってにマイナスな印象を持った。

結局、一年間の留学で最も仲良くなった人はその2人。留学終わって1~2年ぐらい経った時に色々と懐かしく話していたら、最初にすれ違った時は、彼らも俺と同じように「こいつだれだろう」とマイナスに思ってたって。笑

今思ったんだけど、すれ違った外人とかの反応を見ることで相手の今までの日本での滞在期間を推測できるかも。どれぐらい慣れてそうなのかで。笑

あー、でもカルチャーショックのWカーブ(ご存知でない方はこちらを参照)みたいに、波もあるんだろうね。確かに俺もそうだと思う。

ちなみに、対応に一番困る外人は、レストランなどで働く外人。笑

楽しく喋ってくる人もたまにいるけど、よく困るのは、どの言語で注文すればいいかということ。

英語圏じゃなければ英語しゃべれると限らないから英語は困るけど、二人とも英語の方が自然なのに日本語で話すのは不思議な感じがする。笑 結局、通じるだろうと思える日本語で注文することが多い。

とにかく、この記事で言いたいのは、外人の対応に困る人は日本人だけじゃないということ。逆に、日本に住んでいる外人としては、日本人の方が対応に困らない。笑

だから緊張しなくていいと言っても意味がないだろうけど、少なくとも仲間がいることで安心してください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月10日

おサイフケータイの一つの不満


俺は、おサイフケータイの存在だけで幸せと言っていいくらいおサイフケータイが好き。小銭がなくなる時代がだんだん近づいてきてて嬉しい。

ただ、大きないやなところが一つある。

それは、iDとEdyがいつも間違えられること。

どういうことかというと、どっちかを使おうと思って、「○○でお願いします」と言った時に、言わなかった方が求められる。

俺の発音が悪いのかわからないけど、5回に1回ぐらいは間違えられる。

最近までiDしか持ってなかったので、間違った時は結構めんどくさかった。

かざして何も反応がなくて、しばらく経ったら画面を見て、「あ、すみません、アーイーディーでお願いします」と。

でもEdyも携帯に入れてから、そのままEdyで販売が完了してしまう。プリンプリンじゃなくてシュワ~ンと言った時に初めて自分の支払い方法を知る。笑 今まではなかったけど、残高足りなかったら恥ずかしい。

ちょっと面白いと思うのは、間違えられる時はいつもiDで払おうとして、Edyで支払わさせられること。今までの経験では、逆は一度もなかった。

じゃ、Edyの方が有名で、iDより意識されてるからだろう・・・と思ってたら、今日はそれに反対する出来事があった。

マックで間違えてEdyで支払わされた。

マックではiDの方が主役になってる感じがするので、マックのスタッフはiDに対する意識が強いはずだと思ったけど、そうでもないみたい。

ということは、俺の発音がだめ?

いや、「アイ」と「エ」はちゃんと使い分けている。音だけじゃなくて、長さも。

うーん、俺の発音の問題じゃないと思う。少ししか変わらない名前をつけた2社のせいにしか思えない。

もちろんiDとEdyだけでなく、他にも似た名前で同じような場面で使われる言葉が色々ある。

たとえば:

・ カキ氷の味として「レモン」を注文したのに、緑色の物を渡される

・ 人気の携帯電話を購入しようとして、「iPone」を買ってしまう (これが通じた人に感謝!通じないならここへ)

・ 駅に到着する直前に、「次降りてファッキンに行こうぜ!」って、異性の外人を食事に誘った時

・ 友達が言ったことを確認しようと思って、「を、何?」と言った時に変態に思われる

どんどん汚い話になっていくから例はそこまでにするけど、他に何かが思いついたら、是非コメントに書いてください!

(ちなみに、3つ目の例について、イントネーションがアノ言葉と違うからいいじゃんって言われたことがあるけど、英語ではそこまでイントネーションが重視されないからアノ言葉にしか聞こえません・・・本当の意味が知らない外人に言ってしまったら、余計に喜ぶかもしれない。笑 後でがっかりさせないように気をつけて!)

とにかく、会計が早くできちゃうという利点がiDとEdyという名前をつけた人たちのせいでできなくなってる。

でも、共存してることはもう仕方ないから、なんとか頑張ろうね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月8日

オーストラリアでの外国語教育


日本語が話せる外人は、なんで日本語を勉強しようと思ったかをよく聞かれる。今日も聞かれた。数日ぶりに。笑

もちろんみんなはそれぞれの理由があるだろうけど、俺の理由にびっくりする人は結構多い。

その理由は、単純に中学校で勉強しないといけなかったからです。

適当な理由で申し訳ございません。笑

「日本のまんが・アニメが好き」とか、「和食が好き」とか、自ら日本に興味を持って勉強しようと思う人もたくさんいるけどね、もちろん。ただ俺はその枠に入らない。

でも、「中学校で日本語やるの?」って驚く人は95%ぐらい。

オーストラリア以外の国は詳しくないから何とも言えないけど、オーストラリアでは、中学校で外国語を少なくとも2年間勉強しなければならない。

世界の多くの人は英語を第二言語として勉強するけど、オーストラリアではその必要はないから当然他の言語を勉強する。

何を勉強するかとなると、それは学校による。各学校が提供する言語がどうやって決まるかわからないけど、俺の学校の場合は日本語とドイツ語から選択できた。

他には、フランス語やイタリア語、中国語、インドネシア語等を提供する学校がたくさんある。

ちなみに、俺の場合は、なぜドイツ語より日本語を選んだかというと、なんとなく将来的に日本語の方が使えるんじゃないかと思っただけ。笑

その時にドイツ語を選んだとしたら、今になって日本で働いてる俺は日本語にすればよかったと思ってるよね、きっと。笑

いやいや、もちろん日本にいて、このブログを日本語で書いてるのは、日本語を選んだからだ。

でもそう思うと、本当にドイツ語を選んだとしたら、今はドイツで働いてたのかな?

11歳の時の決意がこんなに人生に影響したと思うと、ちょっと怖いよね。明日の行動にはいつまで影響されるだろうと。

教育の話に戻ると、オーストラリアでは中学2年まで必須科目として外国語を勉強するのに、残念ながら高3まで続ける人はわずかの10%らしい。

中2までって、結構中途半端だね。笑 2年間でやめる人はもともと興味なかったからすぐ忘れるし、やるかやらないかで分ければいいと思う。

と言っても、少しでも外国の文化と触れることはとても大事だと思うから、無理やりでも、やらないよりいい。

じゃあ、オーストラリアの学校で外国語として最も勉強されている言語は何でしょう?

この答えにびっくりするだろうけど、答えは、日本語です。

なんで!?って思う日本人は割りと多い気がするけど、事実を見ればすぐ納得できると思う。

特にオーストラリアにとって、日本は経済的に非常に重要な国です。

今は中国の成長によって変わってきたが、長い間、輸入出の合計でオーストラリアにとって日本は1位だった。今でもまだ2位だ、確かに。

グローバル化の背景では、オーストラリアにとってそんなに大事である日本の言葉を勉強しないといけないのは、当たり前だよね。教育省もそう考えて、普及させただろう。

ただ、みんなどんどんやめていくから、日本人たち、英語頑張ってね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月5日

遊ばれた一日


昨日で母と姉がオーストラリアに帰った。1週間本当に早かった!

普通の仕事にいない時は、無料ツアーガイドになってたからめっちゃ疲れたけど、とても楽しかった。

2人が日本にいる間に色々な出来事があったものの、ここでその内容を書く時間がなかったので、振り返って思い出しながら水曜日の日記を書こうと思います。

火曜日から母と姉が一泊二日で箱根に行ってきて、水曜日に戻ってきたら18時ぐらいに電話して夜の待ち合わせを決める予定だった。

しかし、想定より早く戻ってきたため、仕事中に「こうしようと思ってるけど、どうしようか?」というメールが来た。

4通も。

一時間以内に。

なんてしつこい・・・

仕事中だから携帯のメールをほとんど見ないし、見るとしてもあまり返事書ける雰囲気じゃないでしょ。

しかも、例えば普通の1時間のミーティング中だったらどう考えても返せないでしょ?日本人にはあまり見ないわがままを感じた。笑

今回はたまたま健康診断やってる最中で、終わったら昼ごはんの時間をちょっと利用して電話で話して解決できたけど、普通だったらそれができなくて全くメールを見ずに終わったと思う。

最初から勝手に行動して、仕事終わった時に予定通り電話くれれば良かったのに・・・

その日の夜の予定としては、日本にしかないだろうと思う猫カフェに行こうとしていた。場所は一応決まってたけど、2人が昼の間に行ってたところにも猫カフェが近くにあって、そっちの方が便利だからそこに行くことになった。

もともとは、スーツを猫の毛で汚したくないというのと、楽したいということで一回家に戻って着替えて、一緒に行こうとしていた彼女と待ち合わせしてから母と姉と合流する予定だった。

でも新しい目的地が俺の家と逆方向だったため、直接仕事から行くことにして、俺の家の周辺で時間をつぶしていた彼女は会社の最寄の駅に来ることにした。

しかし、仕事が終わる5分前にまた電話が来た。余裕を持ってまた10分待てば何も行動的に変わらないのに、また気を使わず・・・

電話の内容は、そこの近くの猫カフェが18時までだから間に合わない、というくその内容だった。

じゃ、もともとの予定に戻って、一回家に寄ってから行くことになった。

但し、彼女がもう既に会社の方に向かってた。

電車の中だから電話しても困るだけだし、どうせそろそろ到着する時間ぐらいだからメールしてもあまり意味がないと思って、2つ目の予定の通り、会社の最寄の駅で待ち合わせしてその時に説明しようと。

そしたら、待ち合わせの時間の直前に、「ごめん、ちょっと遅れちゃう」メールが届いた。

それで、俺が電車乗って、会社と家の間の駅で待ち合わせるようとメール送った。

「わかった、○○駅で待ってます」との返事が。

よし、うまく行きそうだと思って、俺の方から電車の何号車に乗ってるかを教えた。

しかし、時間が足りなくて、俺がその駅に着くまでに彼女はその号車まで来れなかったので、ホームで探しても見当たらなかった。

電車がもうすぐ出発するところだけど、まだ会ってないということで乗るか乗らないか迷った。電車は頻繁に来るから会ってから乗った方がいいかと思って、ホームから電車のドアが閉まるのを見た。

でも、電話したら、彼女は車内から見てたみたい。笑

結局、次の駅で次の電車で待ち合わせして、一緒に家に向かった。

家の最寄の駅に到着したら、俺は普通に改札を出たけど、彼女はその駅で乗ったから駅員のところに行かないと出られなかった。

JRの最低運賃である130円行けると思ったものの、改札入ってから40分ぐらい経ってるということで、なんと最低運賃の往復の分の260円を払わされた!けち過ぎる。さすがJR・・・

その後、家に帰って、着替えたりして、母と姉と連絡取って、ようやく猫カフェに向かった。

無事に合流して、猫カフェの最寄の駅に行って、地図を見ながらややこしい道を指図して猫カフェに着いた。

定休日だった。

なんか、遊ばれてるかと思うぐらい、うまく行かなさ過ぎの一日。

よく考えたら、自業自得だけどね。2店の猫カフェの営業時間を調べておけば何の問題もなかったのに。

でも、その後はおいしくて賑やかな居酒屋で楽しく食事して、悪の日を忘れた。

やっぱりいい経験は悪い経験を塗り替えるんだね☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月2日

久しぶりの別行動


今日は母と姉が別行動して、最後に3人で夕飯を食べながらそれぞれの話を聞いた。

まず、姉は日帰りで日光に行ってきた。往復の電車、現地のバス、いくつかの神社への入場券が含まれる東武鉄道の何ちゃらフリーパスを買って行ってきた。

昨日は結構遅くなったから結局10時ぐらいに浅草から出発したみたいだけど、フリーパスを買う時に、時間が足りないから別の日にした方がいいって、かなり強く言われたみたい。笑

「今日は浅草寺を見た方がいいよ」とか、「行くとしたら神社回るのか、華厳の滝に行くのか、どっちかを選ばないと絶対時間が足りないよ」とか。

「いや、大丈夫だよ」と自信満々否定した。

結果は?

姉:1, 東武鉄道スタッフ: 0

頑張ったら無理なく回れたし、現地で乗った各バスも余裕で間に合ったらしい。

日光への到着から出発まで、4時間しかなかったし、しかもその内は華厳の滝に往復するバスに乗ってる時間が約1時間半。

実は、俺もそんな短時間で回ることは絶対無理だと思ってたけど、そうできた理由を聞いたら、なんとか納得できた。

話を聞くと、早く日光を回る秘訣は・・・日本語を理解できないこと。笑

各名所に英語の説明がほとんどないらしくて、そのお陰で見ることだけで終わっちゃうのであまり時間かからない。なるほど。笑

一人だったこともあるし、時間があまりないことを意識しながら回ってたと思うけど、十分楽しめたみたい。

一つだけ残念だったのは、一番期待していた猿さんは雨のせいか見れなかった。見れたら、動物が大好きな姉は絶対遅れて帰ってきたと思うけど。笑 バス対猿の勝負では、絶対猿が勝つ。

でもそれ以外は、すべての目的を達成した。東武鉄道のスタッフに写真を見せに行きたかったって。笑

それでは、母の話に移りましょう。

母は色々買い物もしたけど、ハイライトは地震体験。幸いなことに最近は割りと落ち着いてるから本物ではなかったけど、教育のための設備があるところに行ったみたい。

オーストラリアには地震が滅多にないし、あっても小さいし、残念なことでもあるが、日本ならではの体験だったね。

色々話を聞いたけど、体験自体についてなぜか感想はあまり聞いてない。笑
それより、同じところに遠足で行ってた小学生たちの話を聞いた。

女子たちが地震を経験している時、横から見てる男子たちが彼女らの叫び声に対して大爆笑していたとか。笑
後、つい最近大きい地震があったのに、それより前にその子供たちがそこで教育を受けなかったのは残念だったとか。

そして、教育ビデオは、音声が英語で日本語字幕もなかったらしい。周りのみんなわからないだろうと思いながら見てたって。

なんでだろうね?いつも英語なのか、それとも母のために英語にしてくれたのかな?後者だったら、子供たちに申し訳ないね。


まあ、こんな2人の一日でした。一週間もほとんど2人きりで一緒にいるから、一日の別行動がお互いの平穏を保つために必要だったと、本当に思う。笑

後少しだけの滞在、楽しめるといいね☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月30日

母の貴重な焼き鳥屋さん体験


今日は母と姉とオーストラリアの家にホームステイしに来てた友達と4人で焼き鳥ディナーに行ってきた。

有楽町のガード下の、見つけにくいけどとても美味しい店で、何回も行ったことがある。

中に入ると狭くて周りがサラリーマンばかりだけど、楽しい雰囲気でとても「日本」って感じ。そこで他の外人を見かけたことがない。

実は、初めてこの店に行った時は、約5年前で父と母と3人だった。にぎやかでめっちゃ込んでたことがこの店を選択した理由。知らない町にいる時はこれを基準に飲食店を選ぶと失敗しないからね。

5年前の時は、日本語が全く話せない親でも、隣の色々な人たちとよく喋って、とても良い経験だった。だからこそ今回も母がこの店を希望した。

今日は、食べ終わるくらいまで4人だけで喋って、あまり周りと関わらなかったけど、店を出る15分ぐらい前にそれが変わった。

母がお手洗いに行こうとしたら、トイレ近くのサラリーマンたちに声をかけられたみたい。

話が始まる瞬間は見ていなかったけど、途中から遠くから見て思ったのは、もしかして・・・母ナンパされてる?笑 59歳の母さん、やるね!笑

俺もお手洗いに行きたくて、母入らないなら先に入ろうと思って行ったら、母のところに着いてから初めて誰かが入っている事実に気づいた。

なるほど。待ってる間に声掛けられたんだろうね。

そしたら、トイレに入っていた女性が出てきて、母の番。

ちょうどその直前に俺がその場所に到着して、母が、「・・・でも息子は日本語喋れるよ」、と紹介してくれた。

その流れで俺が待ってる間は同じ人たちと会話して待てるんじゃないかと思って、前向きに話に入り込もうとした体勢をとったけど・・・

・・・全く興味なさそうに相手席の友人に向かって普通の話を続けた。

やっぱナンパだったね。笑

この時点で、もともと待たずにトイレ入れることが間違いだということが判明したし、話し相手もいなくなったので、とりあえず席に戻ることにした。

すると最初からずっと隣だった2人のサラリーマンと中途半端な会話が始まった。あまり内容のない話だったけど、ちょっと楽しい感じだった。

こういうことは、日本人同士ではあまりないんじゃないかと思うけど。もちろんあるだろうけど(特に本当のナンパの目的だったら・・・)、外人としてよく「とにかく会話したい」的な姿勢で声を掛けられる。

土曜の観光に向かう電車の中でもいきなり英語ペラペラの日本人に話しかけられた。

ポジティブな話であれば、いつでも歓迎☆

英語でも日本語でも、通じるか通じないかにも関わらず、話さなかったよりは絶対にいい経験になる。

同じ店に何回も通いたくなるほど☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月28日

ちょっとした差別?


今日は来日中の母と姉と観光して、2人のホテルの近くのお好み焼き屋さんで夕食。店を出た時に一瞬で一日分の笑いができる事件があった。笑

店から3人でエレベータで下りて、狭いエレベータだったので降りやすい順で俺が先に、姉が次に降りた。

そしたら後ろから、「あ!傘忘れちゃ・・・」

途中でバタンとドアが閉まっちゃった。

姉と2人で大爆笑しながら30秒ぐらい待ったら、3本の傘を持ってる母が登場した。手品みたいに。笑

結果的にちょうど良かったけど、傘忘れてなかったらちょっと大変だった。ドア閉まるのが早すぎ。

しかもこの場合は、重要なボタンは「閉」と「開」と漢字でしか書かれていない。

これを作った人は、「読めない人はいるだろうけど、大丈夫っしょ?」と思ってたのかな?いや、何も考えてないと思う。

日本だから日本語で書くのは別に間違ってないけど、安全性を考えると最低でしょう。

緊急にドアを開かなきゃいけない時があったら、漢字読めないから何もできない状態で終わっちゃうのか?

これは外人だけじゃなくて、その漢字をまだ覚えていない子供も困る。漢字が似てるから、習ったばかりの時に見分けるための勉強にはなるかもしれないけど。確か俺はそうだった。笑

今回は別に危なくなかったし、こんなところで緊急な状況がよく発生すると思わないけど、一度起きたら多すぎる。

こんなことは誰でもわかる絵にすべきでしょう。絵なら避けられるはずの事件がこんなことで発生してしまったら許せない。

てか、ここまでの記事を読み直して、こんなちっぽけなことについてかなり厳しく書いたね。笑 しかもエレベーターの安全性についての記事の2つ目!笑

でも「開」と「閉」が漢字であることはいつも不思議に思う。
日本語が読められなかったらそのエレベータの対象外みたい。笑 ちょっとした差別かな?笑

日本、特に東京は結構英語で外人に対応してるのにね~ (英語がわからない外人はかわいそうだけど・・・)

新宿駅に着く前に、あんなにたくさんの乗り換え案内をわざわざ英語で言ってくれるのに、一部のエレベーターでは人よりも先に降りないと、また出発点に戻ってしまう危険性がある。

傘さえ忘れておけば問題ないけどね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月27日

母とのシャワー事件?


今日、母と姉が一週間の旅行で来日しました!梅雨で時期が最悪だけど、それでも楽しい一週間になりそう。

早速面白いことが起きてしまった。

仕事後、駅まで迎えに行き、ホテルにチェックイン。

ご飯に出かけてゆっくり食べてからホテルに戻ったら、母が紅茶飲みたくてお湯をつけようとした。

問題は、ポットがホテルの洗面台に入らなくて、水が注げない。

「もう、どこのホテルに行ってもこうなってる~」と、ちょっとしたイライラ。

「シャワー使えば?」って姉からの案。

「いや、そしたら濡れちゃうよ~」って母が断る。

そこで俺が、「ううん、日本は手で持てるやつが必ずあるから大丈夫だよ」と言って、シャワーに入ってみた。やはりあった。

他の国は詳しくないけど、オーストラリアは基本的に固定してるシャワーしかない。毎回オーストラリアに帰った時、手で持てるやつがないことに困っちゃう。笑 日本の便利さに慣れすぎ・・・

でも固定ので注ごうとしたら濡れるね、絶対。

じゃ、シャワーでポットに水を入れよう。

このホテルはお風呂はないけど、シャワーに固定のやつも手持ちのやつも両方あったので、下準備として切り替えハンドルを手持ちシャワーの方に思い切り回してみた。

でも、切り替えだけじゃなかった・・・

水が一瞬で勢いよく流れてきちゃった・・・母の横顔に!

ごめんなさい・・・笑

笑いながら、「洗面台で済ませる・・・」。

さー、初日の数時間でこんなことがあったら、これから何が起きるんだろう?

とりあえず、これからお湯を作る時は、コップを使ってみよう☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月26日

日本人と外人の体温差解説


昨日の風邪が十分治り、今日は無事に仕事に行ってきた。辛いことも全然なく、良い一日だった。

もちろん周りの人に体調について色々聞かれて、それでちょっと盛り上がる点があった。

熱が最高で39℃ぐらいあったと言ったら、やばいじゃん!的な反応に会った。

高いかな?笑

でも、この温度になってたのは風呂上りの時だったから、余計体温が上がってたはず。

ちなみに、熱対策として熱いお風呂に入ったけど、間違った対策だと言われた。
これは微妙なところで、実は良いか良くないかわからないけど、寒かったし試してみたかったから入ってみた。

入ってる最中にはかなりふわふわしてる感じになったけど、もう少し我慢したらちょっと治りかけた気がした。

そもそも入るのが良いと思ってる理由は、今まで一番早く解決できた熱は、寝てる時にものすごい量の汗を掻いた時だから、水分さえ足りれば汗で悪い性質を吐き出すことができる、と勝手に思ってるのだ。

医者じゃないからわからないけど、今回も含めて経験から見ると効果的な対策ではある。安全なのかはわからない。笑

とにかく、39℃ってやばいじゃん!の話に戻ると、
お風呂に入る前は確か38.4℃ぐらいだった。それでも高いよって言われるぐらいだよね。

でも、俺はこれに驚かない理由は、普段の体温は、日本人と違うから。

と思っていた。笑

でも先ほど調べてみたら、これには根拠がないらしい。笑

というか、誰もちゃんとした研究を行ったことがないみたいだから、合ってるかもしれないし、人種とかは全然関係ないかもしれない。

でも、確実に言えるのは、西洋の国では37℃が平均だと思われている。
オーストラリアでは華氏を全く使わないけど、俺が普段から記憶している華氏の3つの温度は、32と98.6と212。
32と212は0℃と100℃だから覚えてるんだけど、98.6は映画とかから平均体温としてよく出てくるから覚えてる。計算すると、ちょうど37℃。

でも日本では36℃と言うよね?日本に来て、普通は36℃だと聞いた時、なんか教育がだめかと思った。笑

本当に外人と日本人の平均体温が変わらないんだったら、なんでみんなが覚えてる数字は違うんだろう?

調べたところ、わかった気がする。

まず、36と37は、割りと綺麗な数字だね。絶対四捨五入してる。

そして、英語のWikipediaの体温のページ(日本語ページには書いてない)を含む、いくつかのサイトによると、正しい数字は36.8℃っぽい。37じゃん!笑

ただ、それは口腔で測った場合。

でも、日本はいつも腋下で測るでしょ?そうすると約0.5℃落ちるらしい。

先ほど自分で測ってみたら、腋下は36.0℃、口腔は36.6℃だった。

平均が36.8℃だったら、ちょっと低めだけど、一人ひとり違うし、日の時間帯によって違うから、まあ、大丈夫でしょ。笑 とりあえず熱が治ったから良かった!

じゃあ、これをまとめると、
口腔平均は36.8℃、腋下平均は36.3℃前後。

四捨五入すると、
口腔は37℃、腋下は36℃。

一般的な測り方を見ると、西洋は口腔、日本は腋下。

解決!

人間はみんな一緒だ☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月25日

病気休暇の有無


今日は久しぶりに風邪のために会社を休んだ。幸いなことにほぼ治ってきて、明日は問題なく出社できそう。

でも、こんな時に、日本の労働条件の一つが、海外に比べて社員にとって不利なところがあることを思い出す。

それは、病気休暇の有無。

聞いたことない人もいるかもしれないけど、病気休暇とは、単純に病気のための有給休暇で、一般の有給休暇とは別に毎年何日間まで支給される。

一部の日本の企業には病気休暇があるみたいだけど、海外の多くの国では法律で定められている。

だから、日本に病気休暇が基本的にないということを初めて知った時は、かなりびっくりした。

特に入社後の2~3年は、有給休暇が10日とか12日とかしかなくて、インフルエンザとかにかかったら、一年分の半分以上の有休が消えてしまう可能性がある。

極端な例でいうと、前の会社の同僚が水疱瘡で4月ぐらいに2週間休まなければならなくて、次の4月まで有給が一日しか残らなかった。

そんな極端な場合じゃなくても、あっちこっちで1日病気で休んでも、一年で数日が消えてしまうことも考えられる。

その結果として、自由に使える、リフレッシュするための休暇が使えなくなり、余計疲れてしまうこともあるでしょう。

それを考えて逆に病気でも仕事に行く人もたくさんいると思う。俺もそうしたことがあるし。

でもそうすると病気が悪化するし、周りに移るし、効率的に働けないから無駄だし、いいことは一つもない。しかも、悪化することによって、病気が治らないから周りに移る期間と効率的に働けない期間が長引きする。最悪じゃん。

でも病気休暇があったら、病気の時は迷わず休めるから、早く治って元気に仕事に戻ることが期待できる。

そして、病気休暇があることによるもう一つの大きな利点は、会社が社員を大事にしている証拠となること。

病気になっても悩まずに休めることは社員として安心だし、病気になる社員が多いほど休暇に使うお金が増えるから、会社として社員たちを健康的に働かせる動機がある。結局みんなが元気に働けるし、離職率も減るでしょう。

欠点もない訳じゃないけどね・・・

二日酔いとかで病気休暇を使って会社を休む人も海外では少なくない。

基本的にお医者さんより証明書をもらって提出する必要があるからこんなことはできないはずだけど、お医者さんたちも協力してくれる人が多いから結局本当に病気かどうかは関係ない。

オーストラリアでは、毎年最も病気休暇を利用する人が多い日は、1月27日。

ちなみに、1月26日は「オーストラリアの日」という大切な祝日で、昼からバーベキューしながら酒を飲むのが一般的な過ごし方・・・

こんなことがあっても、一部の人だけだし、基本的にみんなはまじめに使うから利点の方が圧倒的に多い。

日本でも是非病気休暇の導入を検討してください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月22日

予想外の唐揚げ


昨日はまた自分の誤解のせいでどーんとがっかりすることがあった。

外人の友達と変なパーティーで美味しくない飲み物を色々飲んだ後、パーティーから離れて小さなバーに行った。

パーティー前にはご飯食べなかったし、パーティー自体にも食べ物がほとんどなかったから、バーにたどり着いたら結構お腹が空いていた。

よし、ちょっと食べよう!と思って、バーのメニューを見たら、目立ったものは「にんにく唐揚げ」。

注文後、ようやく食べれることを楽しみに待った。

そして、にんにく唐揚げが来た。でも、期待していたものとは違う。

名前の通り、にんにくの唐揚げだった。にんにく味のとり唐揚げではなくて、ただの揚げられたにんにく。

ややこしいね。普段のメニューに「唐揚げ」があったら鳥のことなのに。

確か、マグロ唐揚げとか、鳥以外の唐揚げがあるし、この場合も揚げられたものの名前を「唐揚げ」の前に書いてあって同じような書き方になってるけど、にんにくをそのまま揚げて食べようとすることは絶対ないから予想外だった。

8片ぐらいあったけど、結局俺も友達も1片の半分、合計1片分しか食べなかった。笑

しかも唐揚げが余計に食べたくなってて、メニューには書いてなかったけど一応あるか聞いてみたが、なかった・・・

でも、そのにんにくが来たことによって一つのいいことはあった。

それまでずっと俺らの方向を眺めたり無視したりしていた知らない外人たちと少し仲良くできた。笑

にんにくが出てきた時に一緒に笑ったりして、期待外れの状況を少しでも一緒に楽しめた。

同じバーにいた日本人たちはきっとその出てきたにんにくに対して何も思っていなかっただろうし、外人同士ならではの共感だった。

でも、少しいいことがあったとしても、最終的にはマイナスな経験。

なざなら、その共感はあの知らない外人たちが店を出た時に終わったけど、1片の半分によるにんにくくさい口は今日まで残る・・・

周りの方々、許してください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月19日

がっかりの重ね


昨日、思いついたことがあって記事にしたいと思ってたけど、ある指摘によって書かないことにした。

大体このような内容を考えていた:

---------

・ スーパーにて、レジのところにある看板がどうしてもおかしいと思った。

・ 看板の内容は、下記の通り:

NO EXCHANGE
両替をお断りしております。

・ スーパーだけではなく、色んな店で見たことがある。

・ 実は、パン屋さんで本当に両替を求める人がいるのかって聞いたことがある
→ あるって。
  → え~?ありえない・・・

・ 一体誰がスーパーで両替しようとするんだろう?
→ 米ドルがどこでも使えると思い込んでるアメリカ人とか?笑

・ 日本人はそんなところでそんなバカなことを求めないでしょう。
→ じゃ、なんで日本語でも書いてあるんだろう?
  → 英語だけの看板があったら、わからない人は気になるじゃないかと。

以上

---------

これを読んで、え?とちょっと思いませんでした?

結局、「両替」は異なる通貨同士でだけじゃなくて、例えば千円札を百円玉に崩してもらうのも「両替」と言う、と指摘された。

そっか。誤解しちゃったな・・・

そして、ネタが消えた・・・

という、二つのがっかりが重なって一瞬落ち込んだ。笑

でもそのまま書かなくて本当に良かった・・・ありがとう!


なんか、ゲームセンターなどで両替機を見たことがあるからわかってたはずだけどね。

でもなぜか日本に来たばっかりの時に覚えた意味の印象が強いことから、札⇒小銭とかも両替と言うことを忘れてたみたい。

「間違えそうだったことを書けば?」って提案を頂いたけど、恥ずかしいと思ってやめようと思ってた。

しかし、ご存知の通り、考え変えた。

なぜかというと、そう間違えた理由は、日本語を読んで誤解したから。

ということは、英語だけで何が言いたいのかがわからなかった訳。

実は、"No Exchange" を見た時に、何のことを言ってるのかなと思って、確認するために日本語を読んだのだ。それで初めて意味が明確になった。てか、明確になったと思った。笑

だって、"Exchange" を単純に訳せば、「交換」の意味になるのだ。

だから、「交換はやってません」になる訳。

でも、何を?って思う。

文脈がないと両替のことを言ってることがはっきりわからない、
しかも、一番ぴんと来るのは、買い間違えて別の商品と交換することができない、という意味。

そういえば、この意味で海外の店で"No exchanges"と書いてある看板があったりする。

ちょっと気になるのは、日本語が読めない外人は、普通に両替しに行ってるのかな?
そして、商品を交換したいのにできないと思っちゃって無駄に物を捨ててるのかな?


じゃ、何が正しいの?って思ってるでしょう?

それはね・・・難しい。笑

一番適切な表現は、"No change given" だけど、これだと、「おつりは出さないよ」という風に捕らえられる可能性もある。

"No change given"の後に、"for bus tickets" (バス運賃のために) とか、両替の場合に限って出さないということを明確にした方がいい。

でも、特にスーパーなどはおつり出さないなんてありえないから、圧倒的に"No exchange"よりいい。

だから、その看板を貼ってるのに両替を求めて来る外人に出会ったら、わがままだと思わないでください。

外貨だったら頭を叩いていいけど☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月17日

髪色の起源探し


昨日の記事を書いてる時に、髪の毛の色について気になったことがあって調べてみたけど、いくつか面白いことがあったので紹介しようと思います。

まず、何が気になったかというと、一体なぜヨーロッパ以外の国はみんな髪の色が黒いだろうと。

グーグル先生に聞いてみたら、結果を開く前でも面白いことに出会った。

「なぜヨーロッパ以外の国はみんな髪の色が黒いか」、と知りたかったのに、検索結果の上に出てきたものはその反対。つまり、「なぜヨーロッパに髪の毛と目の色が多色あるか」ということ。

そっか・・・なるほど。

日本人を含む、黒髪しかない民族はやっぱり、「なんで黒じゃないの?」って思うだろう。黒以外の毛が生えるのが不思議だろうね。

でも俺が不思議に思ってたのは、なぜ黒がそんなに多いのか?って。たくさんの種類がある中で、なんで黒が圧倒的に多い?ヨーロッパ以外の原住民は基本的に黒だけどなぜ?

黒髪の遺伝が強いというし、そのためかもしれないけど、ヨーロッパで他の色が生き残ったなら、もともとあったら他のところでも生き残るはず。

でも、俺は髪の毛が多色ある世界から来てるから最初そう思うでしょうね。

どっちの質問を聞いたとしても、出てきた答えも面白かった。

一つの理論だけだけど、簡単にまとめると、大昔、恋愛相手探しの競争が厳しければ、どうにかして異性の興味を招く魅力がないと相手が見つからなかった。相手を確保するために、明るい色を見せたりして目立たなければならなかった。

でも染められなかったから、何千年をかけて進化するしかなかった。失敗したら染め直すのは大変だろうね。笑

一つの例としてあげられたのは、それぞれの性別の数にバランスが取れていない時。その場合はもちろん数多い方が不利で、魅力的でないと相手が見つからない。

もう一つは、食事のために狩に行く時、遠くまで行かなければ食べれない地域は、男たちは複数の奥さんが支えられなかったから、結局女性が魅力的でないと食べれない。

女性は厳しいな~笑

でも狩が下手だった男も食べれなかったはずだから、男性も厳しかったと思うよ。笑

とにかく、こういった状況はヨーロッパによくあったらしくて、そのためにヨーロッパに色んな目と髪の色がある。

という理論です。


勉強になったけど・・・もともとの質問にはまだ答えが出てないね。なんで黒だ!?

Wikipediaを見てみたけど、そこでも知りたいことが見つからず。

でも、英語のWikipediaの “Black hair” のページに書いてある説明は面白い。

こう始まる:

"Black hair is the darkest and most common of all human hair colors globally."

つまり、「世界のすべての髪色の内、黒髪は最も濃い色であり、最もよく存在する色である」

黒髪ほど濃い髪の色がないんだ・・・情報の宝であるWikipedia。笑

黒より濃い髪の毛があったら見たいけどね。それこそ珍しくて魅力的☆笑

参考: http://cogweb.ucla.edu/ep/Frost_06.html (英語)

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月16日

自分をアピールする技


一昨日、髪の毛を切ってもらいました。夏に向けて結構短くしてもらってスッキリ。

でも、そこでいっつもいつも言われるのは、「染めてないよね?」とか、「染めてないのにめっちゃいい色してるね!」とか、「染める必要全然ないね」とか、とにかく羨ましがられる。

実はこんな話は別に美容室に限らなくて、普通に言われる。さすがに美容室ではネタになりがちだけど。

でもね・・・染めなくていいってあまり思ったことがない。めっちゃいい色だと思ったことがない。

多くの日本人は、「黒以外の色にしたい」と思ってるよね?もちろん常に思ってる訳じゃないし、みんなが思う訳じゃないけど、少なくとも一回その考えが頭に入ったことがある人はほとんどだと思う。

なぜ日本人は髪の毛を黒以外に染めたがるかを考えてみると、個性を表したいとか、目立ちたいとか、イメチェンしたいとか、色んな理由が考えられる。

でもほとんどの場合は、結局、「どうにかして自分をアピールしたい」ということになるでしょう。

じゃあ、外人も黒以外の色がいいと思ってるのだろうか?

美容師の話と、同じ言葉を何回も何回も聞かせてくれた人たちの話を聞けば、俺も日本人と同じく、黒以外だからOKだと思ってるはずみたい。そんなことはない。

実は、黒髪以外の外人はよく似たような考えをするけど、とっても重要な違いがある。

考えてるのは、「黒以外の色にしたい」ではなくて、「自分の自然な色以外の色にしたい」ということ。実は、日本人との考えと全然変わらないよね。となりの芝生が青い。

だから、黒を含めて、髪の毛を他の色に染める外人がたくさんいる。

比率でいうと、日本人と変わらないぐらいじゃないかと思う。適当な推測だから全然違うかもしれないけど、染める人は多い。

外人の髪の毛を染める理由も日本人と同じ。個性を表したいとか、目立ちたいとか、イメチェンしたいとか。

人間だから、どうにかして自分をアピールしたいのだ。これは世界共通だと言っていいでしょう。

日本に住んでいる俺としては、実は染めなくても目立つから、自然に自分をアピールできる。確かに有利ではある。笑

でも、それは黒髪の人が多い日本にいるからだけだ。自分の国では髪の毛の自然な色だけでは全然目立たない。

だから、「いい色だね」とか、「染めなくても良くて羨ましい」とか、そういうことを言われると、なぜそう考えるかはわかるけど、なぜ俺は別にそう思ってないかもわかってもらいたい。

ちなみに、髪の毛の色について色々気になって、ちょっと調べてみたんだけど、いくつか面白いことに出会ったから明日紹介しようと思います

それまで覚えておいて欲しいのは、日本人と外人の間にどんなに表面的な違いが多くても、人間は人間でみんなは同じだ。うまく共存しましょう☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月13日

スペルに対する関心度


先週はダメ英語の一例について話をしたし、昨日は携帯電話に関する話をしたので、今日はその二つを合わせた結果の写真を見せたいと思います。

これは、何ヶ月前に携帯電話の販売店の前で撮った写真。残念ながら今は違う広告になってるけど、昨日の「ワンセグが付いていないおかげで一番安い携帯はiPhoneじゃないか」という話で思い出したので、紹介しようと思った。

この適当さにびっくりした。どんだけプロフェショナリズムがないのかい!?

ダメ英語というより、スペルに対する意識のなさにびっくりする。

これを貼るまでの流れは、絶対下記の3つのどれかだと思う。

① 書いて、間違ってることに全く気づかないで何も変と思わずに貼る。
⇒ 商品名のスペルすらできないなら、商品について詳しく説明してくれることは期待できないね。

② 書いた時に間違ってることに気づくけど、もう一枚作るために必要な紙がなくて、諦めてそのまま貼る。
⇒ その必要なものは決して高くないはずだから買って来い。

③ 全部書き終わった時ぐらいに間違ってることに気づくけど、せっかくりんごをうまく描いたし、また一から作るのがめんどくさいと思ってそのまま貼る。
⇒ ①と同じく、プロフェショナリズムに欠けている。もっと頑張れよ。

すみません、4つ目あった。

④ 間違った方が話題になると思い、ビジネスが増えるかもしれないからわざとやる。
⇒ 天才。「広告間違ってますよ!」と言いたくなる人がお客さんになる可能性が少しあるし、間違ってるから店に入るのをやめる人いないだろうから、意外と効果的かも。

そこだよね~ 誰も気にしない。

海外なら許されない気がするけど、そもそもこんな広告を出すのはありえないと思うから想像しづらい。気づかない訳がないし、気づいたら絶対直す。

でも、別に日本人は比較的にプロフェショナルじゃないと言ってるのではないよ。外人の目から見たらこの場合はそう見えるけど、問題はそれじゃない。

例えば、「価格徹底体腔」と書いてしまったら、書き直してから貼るよね、絶対。だから、プロフェショナリズムの問題ではなく、ただ英単語のスペルに対する関心度が全然違う。

間違っててもいいからとにかく英語表記にしたい、という思考は、外人は基本的に持てないと思う。でも、日本語だったらできるよ、基本的に。外人は日本語に対する関心度が違うから。

と言っても、全くスペルできないし気にしない外人もたくさんいるよ。びっくりするほど。でも、広告みたいなものなら、スペルできない人でも気をつけると思う。どこまでかはわからないけど、世界で最も有名な携帯電話の名前はさすがに間違えないでしょう。

そして、ちょっといいことが!

上の写真を撮って2~3週間ぐらい経ってからもう一度同じ広告を見たんだけど、その時は下のようになってた。


日本人のスペルに対する関心度が比較的に低くても、少なくともこんな大きなミスには気づいてるのね。良かった~☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月12日

NHK受信料をドコモに払ってもらおう


あー、やられた。NHKにね。

「テレビありますか」って聞かれたら・・・正直に答えちゃった・・・

「ないです」って。

そうですよ。持ってません。

まあ、細かく言えば持ってないと言える。パソコンに地デジチューナーがあるけどね。笑 これも対象となるかな?「テレビ」じゃないもん。

どっちにしても、全く見ないし、家にいない内に誰かにチューナーが捨てられたら、パソコン買い換えるまで気づかないと思う。笑

その理由は、そもそもほとんど見ないというのと、去年引っ越してから新居では映らない・・・ずっと大家さんに言おうと思ってるけど、どうせ見ないからずっと後回しになってる。笑

ちなみに、外人はみんなこうだと誤解しないでください。笑 みんな普通に見てると思う。

とにかく、NHKの話に戻りますと、テレビ持ってないということで話が終わらなかった・・・

次に、「ワンセグが受信できる携帯を持っていますか」と聞かれた・・・

テレビについては嘘ついてないと出張できるけど、携帯にワンセグが付いてるので、いやでも素直に「はい、持ってます」と答えた。

すると、「じゃ、NHK受信契約が必要です」って。そうなんだ。

昔どこかで対象外になってると聞いた記憶があるけど、昔そうだったとしても今は違うね。

だからワンセグ携帯持ってるということで、毎月1345円かかります。

「高いですね!」って言ったら、「いいえ、安いですよ」って言われた。

ケーブルテレビとかだったら安いけど、一切使ってないサービスにしては高いでしょう。

「衛星放送だったら2倍ぐらいですよ」とか理由付けて納得させようとされた。

いやいやいや、それは、「ベンツ高いね」と言った時に、「でも、個人用ヘリコプタより断然安い」と返事するのと同じ。事実であっても、関係ある話ではない。

まあまあまあ、法律だし、俺社会人だし、地震の直後にはNHKが結構頼りになってたし、払うべきだね。払います。

でも、ワンセグが契約対象になってるのは、ちょっとキツイと思う。だって、ワンセグついてない携帯ってほとんどないじゃん、今なんて。付いてないのは、一部のスマートフォンと簡単ケイタイぐらい。他にもあるだろうけど、かなり少ない。

でも、テレビ持ってない人の立場から考えてみよう。

欲しい携帯にワンセグが付いちゃってると、見ることが全くなくても、2年契約だったら携帯端末料金が3万円ぐらい高くなるという風に考えられる。

そう考えると、実コストで一番安い機種はiPhoneかも。笑

でも、買う時はそんなの考えないし、何も言われないよね、もちろん。契約の詳細に載ってるだろうけど。そうじゃなかったら、注意不足でドコモを訴えて受信料を払ってもらおう!笑

なんてばかなこと思いついちゃったね。

まあ、どうせ払わなきゃいけないなら、最終的に解決策が一つしかない。大家さんに連絡しよう!

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月11日

先にどうぞと言わせない運動


今日の昼ごはんは先輩たちと一緒に外食してきたが、そこで日本でよくあることが発生してしまった。

俺の料理は、注文して割りとすぐに出てきた。マックとほぼ同じレベル。から揚げをそんな時間で揚げられる訳がないし、絶対事前に作ってある。それでも出来たてだったから平気。

でも、先輩たちの分は一緒に出てこなかい・・・

待ちたいけど冷めて欲しくないからちょっと困るところだけど、「先にどうぞ」と言われ、ゆっくり食べ始めた。
逆だったら絶対食べて欲しいし。俺のために気を使って目の前で冷めている料理は俺も見たくないから。

でもそういう風に一人で食べている時は、ちょっと変な気分になるよね?なんか、食事選手として視聴されているみたい。変な食べ方したら絶対バレるから気をつけないといけないしね。笑

最初は、すぐ来るんじゃないかと思ってゆっくり食べてたけど、しばらく経っても先輩の分が来なくて、段々普通の食べるスピードに上がった。

そして、半分以上なくなってたのに、まだ来ない。

ようやく来たら、3分の1ぐらいしか残ってなかった・・・

このような経験、ありませんか?

日本ではいつもこうなんだけど、オーストラリアでこんなことは滅多に起きない。記憶にないくらい。

なぜかというと、店はみんなの料理を同時に出すように努力しているから。これがいい!

しかも、一緒に出してくれることを期待しているから、例えば4人中2人の分だけが先に来たとしても、楽に待ってあげられる。マナー的に待つのが基本だし、ホールスタッフがみんなの分を持ちきれなかっただけの時が多いから待ち時間がいつも短い。

但し、たーまに自分の料理を見ながら他人の分が来るのを待たされる。

例えば、何年か前に、10人ぐらいでレストラン行って、9人の分が来たのに1人の分だけがずっと来なかった。しばらく経ってから確認してみたところ、注文が完全に抜かれていたことが判明した。

これは相当ひどい。書き忘れなどの間違えは、人間だからもちろん許せるけど、注文した料理数を数えて確認してよ、一人は何ももらってないことに気づいてよ、とか思って、そこのサービスの適当さにイライラする。まあ、それも間違えだろうから、許してあげよう。

でも、日本はそこがいいよね。注文の内容を繰り返したり、注文したものが全部揃っているか確認したり、大きなミスがないように気をつけてくれるのが嬉しい。

足りてないのは一緒に持ってきてくれないところだけ。(後日また文句を追加する権利を確保します。笑)
あまり待たないで一人で食べるより、長く待ってみんなと一緒に食べる方がいい。

但し、重要なのは、ばらばらのタイミングで出来上がったものを一緒に持ってくることはだめ。笑 冷めたものなんて要らない。だから、一緒に出来上がるように頑張って欲しい。

考えてみると忙しい中でかなり大変そうだけど、それでも、飲食店で働いていらっしゃる方は、是非、「先にどうぞと言わせない運動」に取り組んでください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月10日

それ以外だと不自然だから・・・


日本語が話せる外人は、かなり大げさに色々と褒められる。お箸の使い方みたいに。笑

よく聞くのは、「私より日本語が上手」とか、「私に日本語教えられそう」とか。

もちろん、そんなことはありえない。それを言う人は本当にそう思ってないだろうし・・・だよね?笑

日本人はなんでも褒めたがる民族だから言ってるだけでしょう。

でも、正直思ったのは、本当に教えられるかもしれない。笑
別に、よりうまくできるから教えられる訳ではなくて、文法の細かいところを一から覚えたからそう思える。

まあ、国語として日本人は何を勉強するかわからないから何とも言えないけど、英語ができる日本育ちの日本人は絶対俺より英語の文法に詳しい。

だから、「なんでこう言うの?」って聞かれるとちょっと困る。笑
パっと思うのは、「それ以外だと不自然だから・・・?」という、全く役に立たない答え。

ちょっと考えればなんとかわかることが多いけど、言語学を勉強してる訳じゃないから、なんとなく説明できてもその説明がどこまで正しいかわからない。間違ってたらごめん。笑

でも、日本語に対しては逆に自信がある。笑
周りの人が間違えた日本語をしゃべったらすぐ気づくし、しようと思えば何がだめだったか、なぜだめだったか、どうやって直すかなど、ほとんど説明できる。何回も説明されたことがあるからね~

てか、こんなことを強気で言ってしまうのはかなり危険だよね。笑 これからの間違えは許させなさそう・・・ 今のはわざと。笑

とにかく、日本語教えて欲しかったら声をかけてください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月9日

銀行の口座を作った夢?


今日は銀行にて新しい口座を作った。というか、作ったと思う。。。

手続きがあまりにも早くて、説明も早口すぎて本当に行ったのか夢だったのかよくわからない。
一応通帳もらったから作ったと信じましょう。確かキャッシュカードは後日送付されると言ってたし。

でも、なんか、「とにかく次のお客さんに進みたい」って感じの急ぎの対応だった。

しかも、どのオプションなどに加入したかよくわからない。笑

申請書記入時に色々確認してたら、「なんとか・・・マイレージクラブ・・・なんとか・・の場合は・・・なんとか・・・ですが・・・なんとか・・・という特典があります。」と言われた。

は!? 的な表情をしたら、

「無料サービスなのでマイレージクラブのところに丸を付けて頂ければと思います。」

了解しました。お疑いしてしまって申し訳ございませんでし・・・

「この番号でお呼び致しますので、お掛けになってお待ちください。」

はい。

日本人ほどの日本語力がなくて単純に付いていけなかっただけかなと思ったけど、一緒に講座を作りに行った日本人も同じこと言ってた。笑

なんとかの理由でマイレージクラブ入ったらいいみたいって。なるほど。

言葉は丁寧だったし、優しく話してくれたし、こんだけ早く対応してもらえるのは嬉しいことのはずだけど・・・店舗を出た時は、なんか忘れ物をしたと思った時のような感じがした。笑

間違えないで欲しいのは、対応は普通に良かったこと。文句を言っている訳ではない。どっちかというと、サービスが良すぎた。

まあ、銀行は15時までにできるだけ多くのお客さんを処理したいからお急ぎ気分になるでしょうけど。それに対しては、15時に閉まるな、と思うけど・・・それはまた後日の話にしよう。

とにかく、銀行の口座を無事に作ることができました。

ということで、どんな講座を作ったかをちょっと調べてみるね☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月8日

それが急激にキッチンを変更する


今日は生活用品のちょっとしたお買い物に出かけてきた。

これが目的じゃなかったけど、ずっと前買った炊飯器と一緒に付いていたしゃもじにご飯が山ほどくっつくので、買い換えた。

結局買った物は、写真の通り。


一般の日本人はこれを見て、特に何もおかしいと思わないのかな?

しかし、この商品に書いてある言葉は、ダメ英語です。文法というよりは、意味がおかしい。

まず、"It changes a kitchen sharply"は、Google翻訳か何かのツールで翻訳して、そのまま使ったように見える。

じゃ、また、Google翻訳で日本語に戻してみたら:
"それが急激にキッチンを変更する"

なるほど。このしゃもじを買えば、キッチンが急激に変更するのね。
と思って、家に戻ってキッチンにおいてみた。

Before:


After:


がっかり・・・

やっぱ日本語に直しても意味がおかしかったね。なんでそこまで言うんだろう?

続きまして、"A Rice Scoop"。
英語レッスンとして言うけど、文中じゃないから、"A" 要らない。逆に違和感がある。

次・・・

"monotone design"
つまり、「無彩色のデザイン」。
ダメ英語ではないけど、しゃもじの多くは無彩色だと思うからあまり特徴としてアピールできないね。。

次・・・

"black color kitchen goods"
うーん、割りといい方。細かく言えば、"color"は余計だけどね。てか、正確に言うと黒は"color"じゃないし。
まあ、そんな細かいことは気にせずに・・・

とにかく、ここの英語は一つの目的だけがあって、それは「適当に英語をつけたら売れるだろう」ということでしょう。
効果があるかわからないけど、これを見るほとんどの人は気にしないだろう。

でも、英語ネイティブとしてこれを見ると、明らかに日本人が書いた英語だ。間違えなく。
それをチェックせずに商品として数万個を生産して出すのはどうかって思うけど、こんなダメ英語はどこでも見る。

また紹介します☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月6日

金曜日から始まる新生活


昨日、曜日と日付に対する意識について書いたけど、なぜ昨日それを思ったかを説明します。

実は、今日から新しい仕事を始めた。5月6日付の入社。

ということは、金曜日が初日・・・なにそれ?笑

月曜がいいと思うのに、ゴールデンウィーク明けということで今日になってしまった。
これも海外ではありえないと思う。曜日より日付を尊敬する日本ならではの入社日。

これが、曜日より日付、という考え方を思い出したきっかけ。


この場合は、ゴールデンウィークが区切りとして新しい期になっているような感じだけど、日本で最も区切りとして利用されているのは・・・やっぱり1日。

日本は1日を愛してるよね。

「NOと言えない日本人」と言うように、「1日と離れられない日本」とも言うべき。

一番使われているのは、9月1日の新学期と、4月1日の新入社員入社でしょう。
これらは土日じゃない限り、必ず守られる。

今年の4月1日も金曜だったね。そのため、新入社員はみんな「一日働いて、二日休んで」という、永遠に続けたい、理想的な働き方を経験できた。月曜から出社してもらえばいいのにって思う。本当に思う。

なぜかというと、月曜まで待てば、その間の土日をもっと活用できる。わかると思うけど。

一営業日を伸ばすだけで連休期間を3日間伸ばせる。
逆に、一営業日早めることで何ができるか全くわからない。


1日、というか、日付をそこまで重視する理由を考えてみると・・・まあ、この場合は日付はなんとかわかりやすいよね。

たとえば自分が就職するのが何年後であっても、4月1日が入社日だとわかるとちょっと将来に対する計画性が感じられるだろう。

外人にとって曜日の予測できるリズムがあるように、毎年1日であることで予測できる感覚もある。リズムはないけど。笑


ちなみに、「曜日」より「日にち」のように、「週」より「月」という意識も、海外より圧倒的に強い。
たとえば日本の給料日は基本的に毎月25日で、月に一回。
少なくともオーストラリアでは、週一回か2週間に一回のところが多い。
月一回も一応あるけど、日本では週一回なんてほとんど考えられない。


まあ、結局、今日は新しい会社に入社してきて、これから2日間をかけて今日学んだことをゆっくり吸収できるから、金曜入社あってこそのいいところもある訳だね。そう思いましょう☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月5日

曜日の予測できるリズム


日本は、「曜日」の優先度がかなり低い気がする。うん、絶対低い。

どういうことかというと、完全に日付を中心に最近のことや近い将来のことを考える。
例えば、こんな会話を経験したことはありませんか?

日本人:12日遊ぼう!空いてる?

外人:12日って、何曜日?

日本人:えーと・・・ちょっと待って・・・木曜だ!

外人:ごめん、木曜はだめだね・・・火曜なら空いてるけど、どう?

日本人:火曜って・・・10日だよね。うん、大丈夫だよ!


なんて、会話の効率が悪いね。笑
これは考え方の違いのためだ。


俺の知ってる限りでは、西洋の国では「曜日」の方を意識している人が多い。

この考え方の違いの証拠が欲しいなら、新聞をの日付の表記を見てください。

日本語の新聞: 2011年 5月 5日(木)
英語の新聞: Thursday, May 5, 2011

「今日は2011/5/5です。ちなみに木曜日です。」 vs 「木曜日の5月5日です。もちろん2011年のね。」


新聞には日付が不可欠だと思うけど、日常生活でもこの意識の違いが見られる。

今週のことなら、外人も日本人も「曜日」で表現することが多いと思うけど、特に来週のことなら、日本人は必ず日付を知りたいのに対して、外人は曜日がわかれば日付は別に知らなくてもいい。


正直、日本人はなんでそんなに日付を優先できるかわからない。笑
まあ、日付の方が正確だからでしょうね。A型の人が多い日本に似合う考え方だね。笑


でも、長く日本に住んでいても、外人としてはなかなか曜日の意識から離れられない。
なぜかというと、日付は生活のパターンと合わなさ過ぎる。曜日の方が整理しやすい。

例えば、来週の木曜日は、祝日じゃない限り仕事だということがわかる。毎週木曜日は~~する日だとわかる。
でも、5月10日は?結婚式、海外旅行出発、マックの新メニュー発売開始などの、ずっと期待していたイベントじゃなければ、調べないと何をする日なのかわからない。


多分、このようなことに対する考え方は、一生変えられないことなんじゃないかと思う。
日付優先の考え方の利点が納得できるし、それがいいならそれでいいと思うけど、個人的には、曜日の予測できるリズムが好き。


では、なぜこのことを今日考えたかというと・・・明日説明します!もう長いから。笑

ということで、また明日の金曜日に☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月4日

動物園での驚き


日本は、お手洗いを隠すことにはあまり努力していないよね?今日再び思った。

今日は約5年ぶりに動物園にお出かけしてきたけど、そこで5歳ぐらいの男の子がお手洗いを使っているところを後ろから見てしまった。パンツをひざまで下げていたし、丸見えだった。

これは、男子トイレに入ったところだったら普通に見ることだけど、今回は動物園の一般的な客が歩く道から普通に見えてた。

一緒にいた友達のおっしゃる通り、子供で良かった。笑 オッサンだったら・・・まあ、やめておきましょう。

でも、ご存知の通り、この様子は珍しくない。

俺はこんな「丸見え便所」を初めて見たのは、高校時代の留学先の高校の男子トイレ。当時は本格的にびっくりした。女子高生たちが見ようと思ったら普通に見に行けた。

公園や駅などの公衆トイレも、このようになっているところは少なくない。

日本は狭いから壁を多く置けないとか、何か"仕様がない"的な理由があるだろう。

と思いきや、新幹線に乗ると、わざわざ人が見えるように男子便所のドアに窓がある。

これは、確かに人が入っているかを確認するために便利だし、背中しか見えないから見たくないことを見てしまうことはないだろうけど、普通のロックで同じことができるんじゃないの?

じゃあ、見えてるけどそれはそれで別にいいよ、と言う思考だったら、日本人は単純に気にしていない訳だね。なんか、偉い!笑 海外だったら友達に写真撮られたりしそう・・・

他の国もそうかどうかわからないけど、オーストラリアではこういう丸見え便所はありえないと思う。正式なトイレはね。外での一回用、「この 木/ビルの壁 でいいや」というトイレはまた別の話・・・

というのも、俺は一回だけ、人が普通に通るところから見える便所をオーストラリアで見たことがある。でもそれは、ただの鏡の設置ミスのためだからカウントしない。笑

まあ、とにかく言いたいのは、海外ではあまり考えられない丸見え便所は、日本にはたくさんある。日本人は慣れていて何も思わないだろうけど、外人にとっては驚き物。

便所が見えてることで困ってそうな外人を見かけたら、わかってあげてください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年5月2日

エレベーター安全基準講座


今日は久しぶりに居酒屋に行ったけど、そこで日本でよくあることに引っかかってしまった。

居酒屋までのエレベーターに乗って、降りる階に到着して降りようとしたら、エレベーターのドアに挟まっちゃった・・・
よくあるよね~。開くボタン押してればよかったのに。幸いなことに今回は痛くなかったけど。

でもその時に思ったのは、ここがオーストラリアだったら、そんなことは絶対に起きなかった。
なぜかというと、オーストラリアのエレベーターは日本のと違うのだ。

日本のエレベーターは、ご存知の通り、完全に人が挟まらないように外側ドアと内側ドアの間に板みたいなものがあって、物に当たったらドアが自動的に開く。
これがなかったら、大変危険でしょう。ありがたい存在です。

但し、技術の最先端に立つ日本としては、この技術は古すぎる。安すぎる。
オーストラリアのエレベーターは、人や物に当たらないように赤外線センサーか何かがあって、手などが少しでも一定の間隔を超えたらドアが開く。

当たることはほとんどないし、たとえば乗りたいエレベーターのドアがぎりぎり閉まりきるところになっても、恐れずに手を出すだけで止められる。便利。既に乗ってる人は嫌がるかもしれないけど。笑

詳しくないからわからないけど、もしかしてこういった仕組みはオーストラリアで法律上の基準になっているんじゃないかと思う。

日本も似たような基準があるはずだが、板センサー式でいいっていうのは、結構基準が低いと思う。この世界では、基準に従う限りできるだけ安く作る訳だからね・・・

じゃ、何か理由があるかなと思って、3つ考えた:

① 地震と何かの関係がある。たとえば、赤外線センサーが地震で少しずれて効かなくなったら危険になる。
② 昔からあった基準が更新されていない。
③ 誰も気にしていない。

①なら、納得できる。オーストラリアでは地震をほぼ計算に入れなくていいぐらいだから。でも、それだけならなんか対応できそう。

②だったら、まあ、きっと③がそれの理由だから、いいっか?笑

これは決して地震対応とかほど重要じゃないし、逆に挟まるとちょっと笑って楽しめるもんだからいいけど、安全性を大事にしている、技術が優れている日本ではちょっとがっかりだな。

みなさん、気をつけてね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年4月30日

ミスドお姉さん、相手にしてくれ!


今日はたまにある外人扱いを久しぶりに経験した。

説明します:
日本人の彼女と一緒に近所のミスドに行ってきた。
会計の時にポイントカードを出し、有効期限が切れていることに気づいた。残念。

それで、かなりぼろぼろのポイントカードを見せながら、ミスドのお姉さんにこのような言葉で尋ねた・・・
「ポイントカードの有効期限が切れてますが、その場合はどうなりますか?」って。

そしたら、丁寧に質問に答えてくれました・・・彼女に向かって。
ポイントカードを持って質問した俺ではなくて。なんか、俺が子供で彼女がお母さんみたいな感じだね。笑

このようなことは何回も経験したことがあるから慣れてるけど、どうしても「なぜ!?」って思う。
こんな理由が考えられる:

① 俺には話が通じないだろうと思って (答えがわからないと思うならもともとこっちから質問しないよ・・・)

② 俺のことが好きで緊張しちゃった (これはないでしょう・・・)

③ 買ってたドーナツが大嫌いでそれを買う人は相手にできない (でも、エンゼルクリーム嫌いな人いないよね・・・)

④ 外人になれてなくて緊張した (きっとこれだ)


本当に④だったら、緊張する必要がないよ☆噛まないから!

は?噛まないって?日本語じゃ言えないね~笑

英語で“I won't bite”と言う表現があって直訳してみた。「俺は怖くないよ!」と言う意味。
たとえば、お家に来て愛犬に怖がる人がいたら、「噛まないから大丈夫だよ」と安心させるように、自分や他人、物などに対しても言える。

とにかく、外人は噛まないから、出会ったら安心してください。

では、今度店員に何か質問した時、お母さん役の彼女じゃなくて、直接俺に答えてくれるかな?

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年4月28日

外人がお箸使えるのが当たり前


アジア系以外の外国人はよく、「お箸の使い方うまいね!」と褒められる。
コミュニケーション取りたいだけで言う人もいるだろうけど、実にびっくりして本音で言っている人も多いと思う。

でもどっちの理由にしても、外人側では、こう思っている人が多い気がする:
「またか・・・なんでこんなくだらないことで褒められるんだろう・・・使えるの当たり前ジャン!」

そうなんです。ちょっと人種として馬鹿にされている感じがする。
日本人が使えるなら、なんで外人が使えないはずなの?って。
でも、日本人はそんな悪意を持つことがあまりない民族だから、馬鹿にしている訳じゃないよね・・・多分(笑)。

多分、本当は、日本人は外人に対するイメージを持っているのだろう。
ナイフ とフォークを使うイメージ。ハンバーガーやピザを食べるイメージ。
だって、俺はハンバーガー食べてるところで、「似合う」って言われたことがあるし・・・
そのイメージとギャップを感じた時のびっくりが褒め言葉として表れてしまう。

でも、お箸はもちろん使えます。
観光客とかは使えない人が多いかもしれないけど、住んでいる人は逆に使えない人がほとんどいないと思う。
使えない人がいるとしても、お箸が必要な料理を食べる場はきっと一生懸命避けてると思うので、そう褒める機会がないはずだし!

じゃあ、近くに座っている外国人がお箸がうまく使える理由は何?いくつか考えられる・・・

① 日本に住んでいる = そもそも日本/アジアに興味がある = 日本に来る前に自分の国でもお箸で食べた経験が豊富

② 日本に住んでいる = 住みに来る前に準備として練習してきた

③ 日本に住んでいる = 一時期使えないことに困って、頑張って使いなれた

④ ①と②と③の組み合わせ

⑤ 実は外人じゃない (この場合は褒めた時が恥ずかしい・・・)


例外の人もいるけどね。
お箸があまりうまく使えない人は、きっと③の途中だから応援してあげてください!(笑)

そして、この人は頑張ってやっと使えるように なったら、褒められた時は「うん!めっちゃ練習したから!」と喜ぶはず。
但し、相当自己中の人じゃない限り、1ヶ月以内で褒められることに飽きて、「当たり前ジャン!」グループに卒業する。

ちなみに、「私よりうまい!」とよく思えるかもしれないけど、その理由は、子供の時に適当な持ち方をした経験がないから悪い癖がついていないからじゃないかと思う。
どうでしょう?

最後に、コンビニ等でバイトしている人への注意点!
普段お箸で食べる物を買った外人には、日本人と同じ扱いをして、お箸を渡してください。
和食とかを食べる 時はお箸を好む人が多いのだ。
でも、特に店が忙しい時にフォークを渡せれたら、嫌でもそれで我慢する。
でも逆にお箸じゃ困る人は、渡された後に必ずフォークを要求するので、最終的に満足する。お箸渡した方が無難。

それでは、今度外人のお箸の使い方を褒めようと思った時、褒める代わりにこの話をしてみてください。
勝手な予想だけど、純粋に褒めるより話が盛り上がると思う☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!