2011年5月28日

ちょっとした差別?


今日は来日中の母と姉と観光して、2人のホテルの近くのお好み焼き屋さんで夕食。店を出た時に一瞬で一日分の笑いができる事件があった。笑

店から3人でエレベータで下りて、狭いエレベータだったので降りやすい順で俺が先に、姉が次に降りた。

そしたら後ろから、「あ!傘忘れちゃ・・・」

途中でバタンとドアが閉まっちゃった。

姉と2人で大爆笑しながら30秒ぐらい待ったら、3本の傘を持ってる母が登場した。手品みたいに。笑

結果的にちょうど良かったけど、傘忘れてなかったらちょっと大変だった。ドア閉まるのが早すぎ。

しかもこの場合は、重要なボタンは「閉」と「開」と漢字でしか書かれていない。

これを作った人は、「読めない人はいるだろうけど、大丈夫っしょ?」と思ってたのかな?いや、何も考えてないと思う。

日本だから日本語で書くのは別に間違ってないけど、安全性を考えると最低でしょう。

緊急にドアを開かなきゃいけない時があったら、漢字読めないから何もできない状態で終わっちゃうのか?

これは外人だけじゃなくて、その漢字をまだ覚えていない子供も困る。漢字が似てるから、習ったばかりの時に見分けるための勉強にはなるかもしれないけど。確か俺はそうだった。笑

今回は別に危なくなかったし、こんなところで緊急な状況がよく発生すると思わないけど、一度起きたら多すぎる。

こんなことは誰でもわかる絵にすべきでしょう。絵なら避けられるはずの事件がこんなことで発生してしまったら許せない。

てか、ここまでの記事を読み直して、こんなちっぽけなことについてかなり厳しく書いたね。笑 しかもエレベーターの安全性についての記事の2つ目!笑

でも「開」と「閉」が漢字であることはいつも不思議に思う。
日本語が読められなかったらそのエレベータの対象外みたい。笑 ちょっとした差別かな?笑

日本、特に東京は結構英語で外人に対応してるのにね~ (英語がわからない外人はかわいそうだけど・・・)

新宿駅に着く前に、あんなにたくさんの乗り換え案内をわざわざ英語で言ってくれるのに、一部のエレベーターでは人よりも先に降りないと、また出発点に戻ってしまう危険性がある。

傘さえ忘れておけば問題ないけどね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿