2011年6月29日

最近ハマっている音楽


最近、ほぼ毎日聞くというぐらいハマっている音楽があるのだ。

あまり有名なバンドではなく、特に日本では絶対知られていないんだけど、これからは少なくとも海外ではとても人気になると予測する。

でも、まだ有名じゃないし、俺は日本にいるし、じゃ、どうやって知ったかって気になるところじゃないかと。

そんなことないか? 気にしてないよね、きっと。笑

でも、俺のブログだからさ・・・その権利を持って説明します!笑

実は、Facebookで友達になってる人から教えてもらった。

この人は友達と言っても、アメリカで旅行している時に知り合ったイギリス人で、それ以来は全く連絡取れてない。

でもFacebookで友達になってるので、Facebookに載せている情報は一応流れてくる。

その中で、「このバンド応援してね」とつぶやいていた。

最初は見飛ばしたんだけど、何度も何度も同じバンド名が書かれていて、そしてある日、「ビデオを作ったので見てね!」とのつぶやきがあって、かなり 気になった。

YouTubeのリンクもあったので、さー、見てみようかと。

一言で言うと・・・

最高。

音楽もビデオも。

始めて見てからもう何週間経ってるけど、もう紹介したくて仕様がなくなりました。笑

ということで、バンド名は、"Rizzle Kicks"。

ジャンルは・・・説明し辛い。笑

とりあえず見てください!
(ビデオはすべてそのFacebookの友達が作ったものです。)

まずは、つい最近イギリスのみでiTunesで発売されている、"Down with the trumpets":



YouTube で見る


次は、落ち着いた感じの、最初から最後まで歌詞の意味が2つある、"Miss Cigarette":



YouTube で見る


最後に紹介するのは、"Prophet (Better Watch It)"。曲も良いいし、ビデオはやばい。1000枚ぐらいの写真で作ったらしい 。



YouTube で見る


俺は最近この3つの曲を中心にハマっているけど、全部見てくれた方もこれからハマるよ、確実に。笑

いつか日本でアルバムが販売されるように応援しましょう☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月27日

日本語と英語、どちらの見た目が綺麗?


俺の仕事では、同じ資料の日本語版と英語版と関わるんだけど、どうしても英語の方が見た目が綺麗だと思ってしまう。

もちろん英語の文章の見た目の方が慣れているし、自分にとって読みやすいことも関係あるだろうけど、客観的に見ても、英語の方が見やすい気がする。

もしかしてその理由は、日本語より英語の方が空き領域が多いからじゃないかと思う。黒と白のバランスがよく取れている。

日本語はよく取れていないってことだね・・・笑

日本語の文章ではよく改行を入れたりして、白の領域を増やすけど、英語はそうしなくてもいい。

メールなどの横書きの文章も、日本語だと幅を割と狭くしないとちょっと読みにくいのに対して、英語は平気で画面の幅を全部使う。

これはある程度日本語の効率のためかもしれないけどね。というのは、 日本語の一個一個の単語はほとんど2~3文字で済むけど、英語はもっと長い単語がたくさんある。

でも、文章じゃなくて、個別の文字だけを見る場合、漢字の方が圧倒的に綺麗だと思う。絵だもんね。アートだ。
 
色々1人でこう思ってても結論に至らないので、みんなに聞いてみたい。

ということで、画面の右側で投票して、下記の質問に答えて、皆さんの意見を聞かせてください!
投票期間が終了しました。(結果はこちら

質問:
日本語と英語、どちらの見た目が綺麗?

① 文章は英語、個別の文字も英語
② 文章は英語、個別の文字は日本語
③ 文章は日本語、個別の文字は英語
④ 文章は日本語、個別の文字も日本語
⑤ どっちも綺麗
⑥ どっちも見にくい
⑦ もう、どうでもいいよ

ただし!

英語がかっこいいと思ってしまう日本人は結構いると思うけど、その理由は、見た目的な問題じゃなくて、言語自体がかっこよく思われるから、これを考慮してください。客観的に見て、見た目が綺麗なのはどっちなのかを教えてください。

それで、簡単に比較できるように、ご参考にこの投稿を下記にて英語でも書いてみました。

では、よろしくお願いします☆

----

In my work, I often deal with the same written material in both Japanese and English, and I can't help but think that English just looks nicer.

Of course, this may be affected by the fact that I am more used to looking at English, and also find it easier to read, but even if looked at objectively, I still feel that English is more attractive.

Maybe the reason is because English has more open space than Japanese.  It has a better balance of white and black.

I guess that would imply that Japanese doesn't have such a balance...

In Japanese text, it is common to insert a lot of line breaks in order to increase the amount of white space, but it is not necessary to do that in English.

Also, when writing horizontally, such as in emails, the width of Japanese text needs to be confined somewhat or it's difficult to read, whereas in English, it is fine to use the full width of the screen.

This might be because Japanese is more effecient, though.  That is to say, most words in Japanese are only two or three characters, while there are many much longer words in English.

However, when looking at only a few characters, as opposed to a complete block of text, I think Kanji look far better.  I mean, they're pictures.  They're art.

Thinking about all of this by myself won't yield a conclusion, so I want to ask what you all think.

So on that note, please tell me your opinion by selecting your answer to the following question in the panel to the right of the screen.
(Sorry, this is only available when viewing the PC version)

Question:
Which looks better, Japanese or English?

① Text: English; Individual characters: English
② Text: English; Individual characters: Japanese
③ Text: Japanese; Individual characters: English
④ Text: Japanese; Individual characters: Japanese
⑤ Both look good
⑥ Both are ugly
⑦ Seriously, who cares?

One thing!

Many Japanese people seem to think that English looks "cool", but this has less to with the actual appearance of the language and more to do with the perception that the language itself is cool, so please take this into account.  Please tell me which language you think looks better when looked at objectively.

So that you can easily make a comparison, I have also written this post in Japanese above.

Thank you for participating!


面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月26日

両極端のおしぼり初体験


おしぼりって、いいよね。結構好き。

日本では当たり前の存在だけど、海外、というか、俺が今まで経験した海外ではなかなかもらえない。さすがサービスの王国日本。

普段はおしぼりはあまり深く話せるような内容じゃないけど、なぜか今週はたまたま二日連続夕飯をレストランで食べて、二日連続でおしぼりに関する初体験があった。

初体験その①:

・ 「おしぼりをもらわない方が嬉しかった」と思ったこと。

夜でも東京はかなり暑かったけど、その暑さの中でなぜか熱いおしぼりを渡された。暖かかっただけじゃなくて、持てないぐらい熱かった。冬でも熱すぎると思うぐらい。

こんなことって、バカすぎるよね。KYすぎる。

てか、これこそKYだね。空気が暑いことを読めてないから。笑

はい、すみません・・・

じゃ、なんでそんな暑い日でも熱いおしぼりを出すんだろうかと、考えてみた。

・ 間違えた
→ レストランだから、冷蔵庫と電子レンジをもっとうまく使い分けて欲しい。

・ 衝撃を与えることで印象を残す戦略
→ 効果なし。料理での衝撃にしか影響されない。

・ 店長とスタッフ全員が、数週間前から店を出ていなくて、冷房の世界しか知らない
→ ありえないけど、本当だったらせめて客がいない時には節電しろ。笑

そして、最も正解に思える理由は:
・ 客のことを考えていない

結局、客のことさえ考えていれば、こんな不適切なことはしないだろう。

今になって、不適切さのお返しとしてドルで払わなかったことを後悔してる。笑

初体験その②:

・ 「おしぼりは、熱いのと冷たいのと、どちらがいいですか」と聞かれたこと。

やさしいな~

体験①との正反対の気遣いレベル。客のことを考えている証拠。

気温が30℃を超えた日には聞かないでみんなに冷たいの渡しても誰も文句言わないだろうけど、たまに熱いのが欲しいと言う人がいるかもしれないし、聞いてくることを歓迎する。

というか、この質問を聞かれるのが初めてだということがちょっと不思議だと思う。

特に、ちょっと暖かいとか、ちょっと涼しいとか、人の感覚がそれぞれだという微妙な時期はもっと聞かれそう。

確かに日本は、言わなくてもわかるはずだという、空気を読むことが大切な国だけど、みんなの感覚が違うし望むことが違うから、聞くのが一番いいと思う。

結局、この二つの極端なおしぼり体験から言える結論は、客のことを考えることが大切。

おしぼりの提供だけでサービスで海外に勝っているので、体験①のようなバカなことで逆効果を与えず、勝ち続けてください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月24日

昼休みでできる経済復旧


昨日は昼休みの混雑による無駄な時間について書いた。

今日はその続きとして、昼休みの時間を統一する代わりに、範囲を広げて開始時間をずらすことで日本の経済が復旧できることについてちょっと書いてみたい。

一体どういうことかと思ってるだろうから、早速説明に入ります。

まず、経済学の基本は、人は選択肢があった場合、自分に有利な方を選択する。

じゃ、昼休みになるとそれがどうなるかというと、店に行く人はもちろん自分の行きたい店を選択する。

その理由は、美味しいとか、安いとか、可愛いホールスタッフがいるとか、色々あるけど、どの理由であっても、自分にとってその日に一番価値が得られる店を選ぶ。

その考えを、昼ご飯を食べるすべての人に適用すると、最も付加価値を提供する店が人気になる。

でも、みんなが同じ時間に昼休みに入ると、最も人気、いわゆる最も付加価値を提供する店が混んでしまって、その店を希望していた人の一部は時間の問題で違う店、付加価値がより低い店に行ってしまう。

もちろん、すべての店は最高の付加価値を提供できる訳ではないけど、余計な混雑のない環境でつぶれたはずの店は、混雑のお陰で生き残ってしまう。

つぶれるなんて可哀想だけど、付加価値が足りなかったことでつぶれたわけだから、つぶれたことによって、もっと付加価値のある仕事をしないといけないことが、肌でわかる。

逆に良い店は、混雑する時間帯があると、波が大きい。というのは、12時と13時の間だけが込んで、そのためにスタッフをたくさん用意するけど、13時を過ぎると空いてしまう。

1時間のシフトなんて存在しないからスタッフが暇になって生産性が減るし、借りてる土地も使わなくなるから店の財産が無駄になる。

結局、効率が悪い。

昼休みの時間をずらすと、込んでいた1時間が例えば2時間でより平等になり、必要なスタッフの数が減って、平均の生産性が上がる。効率がよくなる。

効率が良いと、利益が増える。利益が増えると、そのお金をスタッフの昇給に使ったり2店目を開いたりすることができる。

どんな使い方にしても、利益が増えると他のところで使えるお金が増える。

もちろん、そのお金は付加価値が高い企業に払うから、その企業も利益を得て、その利益を他の付加価値の高いところで使う。

こう回っていくと、付加価値の高い企業、つまり生産性が高い企業が生き残り、無駄をしている会社が消えていく。良い選択肢ばかりの世界では、無駄が許されないから。

厳しい世界ではあるが、これによって全体的の生産性が上がり、経済が良くなる。

こうして盛んになる社会は、まさに資本主義。

資本主義が経済の成長に最も効果のある考え方だと言っていいだろうけど、悪いところもある。市場の厳しさがその一つ。

そして、極端に言うと、リーマンショックみたいに、資本主義社会を卒業して欲望主義社会になることが可能性としてある。

でもさ・・・昼休みをすらずことだけでそこまで行かないから、とりあえず昼休みの混雑を減らしてみよう☆笑


面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月23日

昼休みの無駄な時間


今日の昼ご飯は外食だったけど、色々あって会社に戻るのが遅くなってしまった。

何が起きたかというと・・・

食べに行こうとしたら、まず、満員になってないエレベーターを待つ。なかなか来ない。

そして店まで行って案内されるまで待つ。やっぱりちょっと込んでる。

注文してからまた料理が来るまで待つ。込んでるから結構時間かかる。

ようやく料理が来たら、もう12時55分だった。

5分ぐらい歩いてきたところだから7分で食べて会社に戻ることは明らかに無理だったので、結局頑張っても10分ぐらい遅れて戻ってしまった。ごめんなさい。

みんなわかると思うんだけど、問題はみんなの昼ご飯の時間が同じであること。

もちろん、自分の会社だけじゃなくて、すべての会社が同じ。

そのせいでこうなる:

(見難いけど赤はエレベーター、青はレストラン、黄色は限界の値を表す)


表1

※ 調査方法: なし

限られた時間しかないので、このような混雑で無駄な時間を過ごす暇がない。

だから、昼休みが12時~で固定しているのが嫌い。

特に、前の会社でフレックスタイムがあっていつも10時前に出社していたけど、そうすると出社してからたった2時間でもう昼休み。

朝ごはん食べてない場合はちょうどいいんだけど、食べた場合はまだお腹空いてない。しかも残業しなくても昼休みが終わってから帰るまでの時間がくそ長い。

フレックスなら10時より早く出社すればいいじゃんって言う人はいるかもしれないけど、いや、それは問題外。選択肢がある限り遅い方を選ぶことしかできない。俺じゃなくて、体がね。笑

勤務時間がフレックスなのに昼休みが固定っていうのは、なんか中途半端だね。

フレックスを通じて自由を与えようとしてるのに、最も簡単に変えられるところはチャイムで管理するほど固定してる。

まあ、そう言っても実は利点もあるけどね。

まず、エレベーターの混雑率に連れ、同じ人数を移動させるために必要なエレベーターの数が減るので少し節電できる。

今それは割りと重要だけど、停電の可能性がほぼゼロの時期はこんな微妙なところはあまり関係ない。

もう一つの利点として、会社のお客さんとかの都合もあるから、どこも同じであることがわかりやすい。昼休み以外の時間に会社の全員がいなくても済むけどね、基本的に。

この辺りで、「海外ではこうなってるよ」、と海外に住んだ人にしかわからないような情報を提供しようと思うんだけど、この場合はちょっとわからない・・・笑

申し訳ない。笑

なぜかというと、俺は日本でしか働いたことがないから。バイト以外はね。

でも、おそらく日本よりはもっと自由だと思う。

てか、自由じゃないかもしれないけど、ばらばらになってると思う。ということは、会社によって、昼休みは12時からだったり、13時からだったり・・・

周りに合わせるためだけに無駄な時間が発生するのが嫌いだから、日本もこうして欲しい。というか、海外もこうじゃなかったら、海外もこうして欲しい。笑

じゃ、例えば、昼休みが12時~、12時半~、13時~と、3通りあったとしたら、こうなるでしょう:

表2

なんかいい感じだね。笑

自分で作った夢の世界に対して「いい感じだ」と思わなかったらおかしいけど・・・

結局、本当の世界は表2より表1に近い理由は、昼休みに時間が決まってるからだけど、昼休みの時間が決まってる理由は何?

「そう言う決まりだから」しか言えなかったら、変えてもいいでしょう。

表2になるように何とか改善しましょう。

ということで、今日は社員側の立場から書いてみたけど、明日はレストラン側から考えて、表2のような世界になった場合、なぜ日本の経済が復旧するかについて書こうと思ってます。

是非読みにお越しください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月20日

引越ししました!


新しいホームページへようこそ!

以前から忠実にこのブログを読んで下さっている方がご存知の通り、今日からこちらのホームページに引っ越してきました!

引越しの理由がいくつかあるので、ちょっと説明しようと思います。

(少し技術的な話になってしまうところがあるので、わからないことがあれば飛ばしてください。まあ、調べてもいいし・・・)

まず、引越しのポイントは:

・ 独自ドメイン  ("gaijinnome"の後ろの"blog101.fc2"がなくなった)

・ ホストサービスをFC2ブログからGoogleのブロガーへ

という2点です。

独自ドメインの利点:

・ すっきりで覚えやすい
     → もう覚えた?覚えたよね?よし!笑

・ 自分のものだ
     → 例えば、またいつか別のブログサービスに移動しようと思ったら、ドメインネームを持って行けるので変えなくてもいい

一つだけの欠点は、お金がかかることだけど、1年で1000円程度だから対したことじゃない。

そして、FC2からブロガーに引越した理由については、まずブロガーの利点から行きます。


FC2に比べてブロガーの利点

・ 独自ドメインが登録できる

・ アクセス解析が組み込まれており、統計はサーバー側で取っている
     → FC2の場合は、アクセス解析ツールを自分で導入しないといけないし、クライアント側でしか設定できない。これと、スマートフォン用テンプレートのソースコードが変更できないため、FC2ではスマホからのアクセスは全く解析できない

・ 使いやすい
      →  特にデザインやレイアウトは簡単に変更できる

・ ブログの設定などで解決したい問題があれば、英語で調べられる
     → もちろん楽でもあるけど、それだけでなく、ネット上の英語の材料がやっぱり日本語よりよっぽど多い

・ 余計な広告がない
     → こちらで表示されている広告はすべて俺が貼ったものなのに対して、FC2のブログ(特に携帯用サイト)は勝手にFC2の利益になる広告が貼られている。

但し、不利なところも少しあるけど・・・

ブロガーの不利

・  携帯用サイトはスマートフォンに最適化されているので、
1.普通の携帯用サイトのデザインが変更できない
2.スマートフォン以外の携帯からアクセスする場合は自動的に携帯用サイトに飛ばない
     → みんな、スマートフォンに変えればいいんだよ。笑 そんな時代なんで・・・笑

・ ブロガーの標準ブログパーツは日本語に対応していないものが多い
     → 例えば、右側の「最新の記事」(PCサイト) の日付が英語になっている

また、どちらも物足りないところが一点:

・ スマートフォン用のデザインが変更できない
     → ブロガーの場合はテンプレートによって色などがPC用サイトに合わせられるけど、それ以上はできない

そして、引越しによって、一点、大きな残念なことがある。

みなさんからの記事に対するコメントは移動できなかった・・・せっかく書いてくれたのに本当に申し訳ございません。またコメントしてください。


結局、独自ドメイン、統計、広告の3点でFC2よりブロガーの方が魅力的だったことからこちらに引っ越してきた。

新しいホームページを楽しんでください☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月17日

日本人と外人の体質差


昨日は健康診断の結果として肥満だと判断されたことに対する不満を吐いたけど、今日は、その結果が出たと思われる理由の一つである、外人と日本人の体質の差をちょっと検討したいと思う。

昨日記述した通り、腹囲が四捨五入によって正常参考値を上回ってしまい、体重も8.5kgほど正常値より高かったため、6ヶ月後に経過観察を受けてくださいと言われた。

でも、どう見ても肥満じゃないし、そもそも体系が大きく異なる日本人の基準でそう判断するのは不適切でしょう。

じゃ、検討してみよう。

まず、そもそも肥満が良くない理由は、様々な病気に繋がるからだ。その意味で経過観察が薦められたでしょう。

じゃ、俺の体重や身長、腹囲などを、日本の健康機関の統計などに基づいた標準値と比較すると、ちょっとまずい状況にあるようだ。確かに俺の身長で同じ体重の日本人を見たら、筋肉量がそこそこじゃない限りちょっと肥満な感じがしそう。

但し、研究によると、同等のBMIでは、白人に比べてアジア人の方が体脂肪率が高く、腹部肥満があり、筋肉細胞内の脂質または肝臓の脂肪含量が高いらしい。

ということは、平均的には、同体重の日本人に比べて俺の方が脂肪が少ないはず。そうすると、筋肉が多いはず(そう言えば、日本人には筋肉が多いとよく言われる)。

今回の健康診断の結果にも、「内臓脂肪の蓄積が疑われます」とある。日本人だったらね。笑

また、世界保健機関(WHO)のBMI基準は25までが正常で、それ以上が肥満となっているが、アジア人(定義は少し不明)は23以上でも糖尿病と心血管疾患になる確率が上がるようだ。

俺の結果を見ると、25未満なのに、A(以上なし)でもB(僅かに以上あり)でもなく、C(日常生活に注意)と書いてあるし、日本の病院はきっと上記を考慮して裏で25より低い数字を基準にしているんじゃいかと思う。そうしないと一般の日本人に対する健康診断後のアドバイスが物足りない可能性があるでしょう。

上記の大きな2点を考えると、もちろん無駄って訳じゃないけど、やはり日本人の基準で外人の健康診断を行うのは少し不適切だと言っていいでしょう。

そう言っても、たまに診断に来る外人のためにわざわざ別の基準を設定することは求めていない。それよりは、体脂肪率を測って欲しい。体脂肪率を測らないで人のことを肥満と判断することは間違っていると思う、外人じゃなくても。

ということで、俺が知りたいがため体脂肪率を測ってみた。

残念ながら、皮下脂肪を測る道具がないため、割と不正確な方法を導入するしかなく、ウェブ上で見つかった計算ツールを使ってみた。結果は下記の通り:

http://www.linear-software.com/online.html
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲、首周り
結果: 14.96%

http://www.weightsnet.com/Misc/calculators.html
測定項目: 性別、体重、腹囲
結果: 16.82%

http://www.scientificpsychic.com/fitness/diet.html
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲、首周り
結果: 14.9%

http://www.stevenscreek.com/goodies/pi.shtml
測定項目: 性別、身長、体重、腹囲
結果: 16.8%

2%ほど差が出ており、あまり正確な計算ではないだろうが、大体14.5~17.5%の体脂肪率だと思っていいでしょう。
体脂肪率の基準は、どのウェブサイト見ても違うけど、大体14%~20%が標準らしい。軽度の肥満は20%~。

結論として、健康診断の結果にも関わらず、俺は肥満ではない。

結局、二日間もかけて自分が肥満じゃないということを証明したかっただけにしか見えないけど、実は少し太ったことを自分でわかってるし、もっと運動すべきだ。

健康を大切に管理していこうね☆

参考資料:
http://www.who.int/nutrition/publications/bmi_asia_strategies.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20079586
、他

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月15日

四捨五入による肥満


今日は、この間の遊ばれた日に受けた健康診断の結果が来た。

基本的に異常なしだけど、一項目だけに対しては経過観察が薦められた。

肥満だって。

嘘!笑

確かに最近は少し太ってきたけど、どう見ても肥満ではない。

しかも俺の年齢・身長(172cm)の「正常参考値」は、なんと、65kg。

どう見てもこれはに白人の俺に適応できない日本人基準でしょう。

日本人にとってこれは正常かもしれないけど、俺の体重が65kgまで下がったら死ぬんじゃないかと心配する。

今回の健康診断では、体重が73.5kgだった。もちろん、知り合い以外の人は俺を見たはずがないからイメージがつかないだろうけど、肥満ではない。

参考のために、今年の2月に行われた東京マラソンを4時間ちょいで完走した。これは肥満の人にはできないでしょう。

でもマラソンに向けてのトレーニング中でも、最低体重は71代だった。

明らかにマラソン以降は少し怠けてるけど、頑張ってもその期間で肥満にはなれないでしょう。

実は、今回の健康診断の結果で注目されているところは腹囲だった。正常値より、なんと0.1cm長かった!笑

これは数学者や統計学者がムカつくところだと思う。笑

なぜかというと、0.1cmの精度で測らないことに対して、0.1cmの基準を与えることは、四捨五入でのエラーが発生するため不正だから。計測に四捨五入をするなら、基準も同じように四捨五入しなければならない。

この場合は、肌の柔らかさもあって、0.1cmの精度は一秒で検査を終了させる適当ナースさんに無理だし、1cm、良くても0.5cmの精度でしか測ってないでしょう。

ということで、四捨五入のせいで肥満だと判断された。ムカつく。笑

何にしても、体脂肪率を全く測らずに肥満という結果を出すのが間違ってると思うけどね。それ以外の項目に関わる変数が多すぎるから。

結局、6ヶ月後に経過観察を受けてくださいと言われている。

行きません。笑 (会社の指摘により変更の可能性有・・・)

85kgで明らかに肥満だったとしても行かないけどね。コレステロールや血圧などが高いのだったら行くだろうけど、体重ぐらいは自分で測って自分で管理できるもんだからさ。管理スルかどうかはまた別の話だけど・・・笑

ということで、もともと書こうと思ってた内容と違う方向に行ってしまったので、次回は異なる人種の体質などについてちょっと呟こうと思ってます。

それまでは、肥満にならないように四捨五入をしっかり一貫して行ってください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月13日

変動する誕生日


オーストラリア(西オーストラリアを除く)では、今日は"Queen's Birthday"という、ちょっと面白い祝日。

何が面白いかというと、この祝日は毎年6月の第2月曜日にあるため日付が変動する。なんかいいね、毎年3連休で必ず誕生日祝いができるなんて。笑

エリザベス女王の誕生日が実に毎年違う日付で必ず月曜日にあるかというと、もちろんそんなバカなことはない。調べたところ、本当の誕生日は4月21日らしい。やっぱり固定してる。笑

イギリスはどうかなと思って調べてみたけど、6月の第1、第2、または第3の月曜日らしい。もっと変動が激しいね。

もしかして、住んでいるイギリスでそうしてる理由は、自分の誕生日を祝日にしちゃったら、レストランの予約とかが取りにくくなるから?笑

いや、それよりは、パーソナルシェフさんを休ませないといけなくなるから、毎年出前ピザになっちゃうというのが正しそう。俺だったらそれで全然いいけどさ・・・

何年か前に、オーストラリアのテレビでヒュージャックマン(以下HJ)とのインタビューを見ていたら、エリザベス女王に会った時の実話を話していた。

エリザベス女王と会った日は、たまたま6月の第2月曜日だったので、下記の会話をしたらしい。

HJ: オーストラリアでは、今日は女王様の誕生日であることをご存知でしたか?
EⅡ: いいえ、知りませんでした。
HJ: そうなんですか・・・ じゃ、ハッピーバースデー!
EⅡ: どうもありがとう!

明仁天皇と初対面でなかなかできなさそうな会話だね・・・だって、誕生日当日が天皇の日だから、わからない訳ない。笑

そんなところで、ちょっとした豆知識の記事に過ぎなかったが、勉強になったなら幸いです☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月12日

外人同士の人見知り関係


日常生活では、外人と接することで緊張する日本人によく出会うのだ。

以前の記事に登場したミスドお姉さんがその一例。どう対応すればいいかで困るような感じ。

でも今日は、ちょっと大きな秘密を教えようと思っています。

実は、外人も他の知らない外人を見ると緊張するのだ。笑

まあ、みんなじゃないし、場合にもよるし、緊張の種類は違うだろうけど、何かの形で緊張することはよくある。

でも、その原因は日本人と同じく、どう対応すればいいかよくわからないからだ。笑

外人仲間ということで特別対応として"Hello"と言ってくる人とか笑顔で頷いたりする人もいれば、一般の日本人よりも無視してくる人もいる。

俺はどっちかというと、目が合ったら頷こうと思うタイプだけど、両極端の行動もする場合がある。笑

例えば、明るい対応をしようと思っても、目が合った瞬間に俺または相手が目線を避けてしまって、ちょっとぎごちない空気になる。こういうことがあるからこそ、緊張することがある。

こういった雰囲気を特にめんどくさく思ってる場合、すれ違いそうな時に携帯を出したり、電車を乗る直前に外人を見かけたら違う車両に移動したり、他の外人を避けるために行動を変えてしまうこともある。笑

いつもじゃないよ。笑 疲れてる時とかだけ。

でも、厳密にいうと、相手は普通に良い人かもしれないし、もっと心広く対応した方がいいと思うんだよね。初印象が勝ってにマイナスに思ってても、良い出会いの機会を見逃してしまうかもしれない。

なんでそういうかというと、実経験があるから。

大学時代の留学で日本に来て2日目ぐらいに、大学の近くで歩いていたら、自転車に乗ってる留学生っぽい2人とすれ違った。「こいつら誰だろう」と勝ってにマイナスな印象を持った。

結局、一年間の留学で最も仲良くなった人はその2人。留学終わって1~2年ぐらい経った時に色々と懐かしく話していたら、最初にすれ違った時は、彼らも俺と同じように「こいつだれだろう」とマイナスに思ってたって。笑

今思ったんだけど、すれ違った外人とかの反応を見ることで相手の今までの日本での滞在期間を推測できるかも。どれぐらい慣れてそうなのかで。笑

あー、でもカルチャーショックのWカーブ(ご存知でない方はこちらを参照)みたいに、波もあるんだろうね。確かに俺もそうだと思う。

ちなみに、対応に一番困る外人は、レストランなどで働く外人。笑

楽しく喋ってくる人もたまにいるけど、よく困るのは、どの言語で注文すればいいかということ。

英語圏じゃなければ英語しゃべれると限らないから英語は困るけど、二人とも英語の方が自然なのに日本語で話すのは不思議な感じがする。笑 結局、通じるだろうと思える日本語で注文することが多い。

とにかく、この記事で言いたいのは、外人の対応に困る人は日本人だけじゃないということ。逆に、日本に住んでいる外人としては、日本人の方が対応に困らない。笑

だから緊張しなくていいと言っても意味がないだろうけど、少なくとも仲間がいることで安心してください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月10日

おサイフケータイの一つの不満


俺は、おサイフケータイの存在だけで幸せと言っていいくらいおサイフケータイが好き。小銭がなくなる時代がだんだん近づいてきてて嬉しい。

ただ、大きないやなところが一つある。

それは、iDとEdyがいつも間違えられること。

どういうことかというと、どっちかを使おうと思って、「○○でお願いします」と言った時に、言わなかった方が求められる。

俺の発音が悪いのかわからないけど、5回に1回ぐらいは間違えられる。

最近までiDしか持ってなかったので、間違った時は結構めんどくさかった。

かざして何も反応がなくて、しばらく経ったら画面を見て、「あ、すみません、アーイーディーでお願いします」と。

でもEdyも携帯に入れてから、そのままEdyで販売が完了してしまう。プリンプリンじゃなくてシュワ~ンと言った時に初めて自分の支払い方法を知る。笑 今まではなかったけど、残高足りなかったら恥ずかしい。

ちょっと面白いと思うのは、間違えられる時はいつもiDで払おうとして、Edyで支払わさせられること。今までの経験では、逆は一度もなかった。

じゃ、Edyの方が有名で、iDより意識されてるからだろう・・・と思ってたら、今日はそれに反対する出来事があった。

マックで間違えてEdyで支払わされた。

マックではiDの方が主役になってる感じがするので、マックのスタッフはiDに対する意識が強いはずだと思ったけど、そうでもないみたい。

ということは、俺の発音がだめ?

いや、「アイ」と「エ」はちゃんと使い分けている。音だけじゃなくて、長さも。

うーん、俺の発音の問題じゃないと思う。少ししか変わらない名前をつけた2社のせいにしか思えない。

もちろんiDとEdyだけでなく、他にも似た名前で同じような場面で使われる言葉が色々ある。

たとえば:

・ カキ氷の味として「レモン」を注文したのに、緑色の物を渡される

・ 人気の携帯電話を購入しようとして、「iPone」を買ってしまう (これが通じた人に感謝!通じないならここへ)

・ 駅に到着する直前に、「次降りてファッキンに行こうぜ!」って、異性の外人を食事に誘った時

・ 友達が言ったことを確認しようと思って、「を、何?」と言った時に変態に思われる

どんどん汚い話になっていくから例はそこまでにするけど、他に何かが思いついたら、是非コメントに書いてください!

(ちなみに、3つ目の例について、イントネーションがアノ言葉と違うからいいじゃんって言われたことがあるけど、英語ではそこまでイントネーションが重視されないからアノ言葉にしか聞こえません・・・本当の意味が知らない外人に言ってしまったら、余計に喜ぶかもしれない。笑 後でがっかりさせないように気をつけて!)

とにかく、会計が早くできちゃうという利点がiDとEdyという名前をつけた人たちのせいでできなくなってる。

でも、共存してることはもう仕方ないから、なんとか頑張ろうね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月8日

オーストラリアでの外国語教育


日本語が話せる外人は、なんで日本語を勉強しようと思ったかをよく聞かれる。今日も聞かれた。数日ぶりに。笑

もちろんみんなはそれぞれの理由があるだろうけど、俺の理由にびっくりする人は結構多い。

その理由は、単純に中学校で勉強しないといけなかったからです。

適当な理由で申し訳ございません。笑

「日本のまんが・アニメが好き」とか、「和食が好き」とか、自ら日本に興味を持って勉強しようと思う人もたくさんいるけどね、もちろん。ただ俺はその枠に入らない。

でも、「中学校で日本語やるの?」って驚く人は95%ぐらい。

オーストラリア以外の国は詳しくないから何とも言えないけど、オーストラリアでは、中学校で外国語を少なくとも2年間勉強しなければならない。

世界の多くの人は英語を第二言語として勉強するけど、オーストラリアではその必要はないから当然他の言語を勉強する。

何を勉強するかとなると、それは学校による。各学校が提供する言語がどうやって決まるかわからないけど、俺の学校の場合は日本語とドイツ語から選択できた。

他には、フランス語やイタリア語、中国語、インドネシア語等を提供する学校がたくさんある。

ちなみに、俺の場合は、なぜドイツ語より日本語を選んだかというと、なんとなく将来的に日本語の方が使えるんじゃないかと思っただけ。笑

その時にドイツ語を選んだとしたら、今になって日本で働いてる俺は日本語にすればよかったと思ってるよね、きっと。笑

いやいや、もちろん日本にいて、このブログを日本語で書いてるのは、日本語を選んだからだ。

でもそう思うと、本当にドイツ語を選んだとしたら、今はドイツで働いてたのかな?

11歳の時の決意がこんなに人生に影響したと思うと、ちょっと怖いよね。明日の行動にはいつまで影響されるだろうと。

教育の話に戻ると、オーストラリアでは中学2年まで必須科目として外国語を勉強するのに、残念ながら高3まで続ける人はわずかの10%らしい。

中2までって、結構中途半端だね。笑 2年間でやめる人はもともと興味なかったからすぐ忘れるし、やるかやらないかで分ければいいと思う。

と言っても、少しでも外国の文化と触れることはとても大事だと思うから、無理やりでも、やらないよりいい。

じゃあ、オーストラリアの学校で外国語として最も勉強されている言語は何でしょう?

この答えにびっくりするだろうけど、答えは、日本語です。

なんで!?って思う日本人は割りと多い気がするけど、事実を見ればすぐ納得できると思う。

特にオーストラリアにとって、日本は経済的に非常に重要な国です。

今は中国の成長によって変わってきたが、長い間、輸入出の合計でオーストラリアにとって日本は1位だった。今でもまだ2位だ、確かに。

グローバル化の背景では、オーストラリアにとってそんなに大事である日本の言葉を勉強しないといけないのは、当たり前だよね。教育省もそう考えて、普及させただろう。

ただ、みんなどんどんやめていくから、日本人たち、英語頑張ってね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月5日

遊ばれた一日


昨日で母と姉がオーストラリアに帰った。1週間本当に早かった!

普通の仕事にいない時は、無料ツアーガイドになってたからめっちゃ疲れたけど、とても楽しかった。

2人が日本にいる間に色々な出来事があったものの、ここでその内容を書く時間がなかったので、振り返って思い出しながら水曜日の日記を書こうと思います。

火曜日から母と姉が一泊二日で箱根に行ってきて、水曜日に戻ってきたら18時ぐらいに電話して夜の待ち合わせを決める予定だった。

しかし、想定より早く戻ってきたため、仕事中に「こうしようと思ってるけど、どうしようか?」というメールが来た。

4通も。

一時間以内に。

なんてしつこい・・・

仕事中だから携帯のメールをほとんど見ないし、見るとしてもあまり返事書ける雰囲気じゃないでしょ。

しかも、例えば普通の1時間のミーティング中だったらどう考えても返せないでしょ?日本人にはあまり見ないわがままを感じた。笑

今回はたまたま健康診断やってる最中で、終わったら昼ごはんの時間をちょっと利用して電話で話して解決できたけど、普通だったらそれができなくて全くメールを見ずに終わったと思う。

最初から勝手に行動して、仕事終わった時に予定通り電話くれれば良かったのに・・・

その日の夜の予定としては、日本にしかないだろうと思う猫カフェに行こうとしていた。場所は一応決まってたけど、2人が昼の間に行ってたところにも猫カフェが近くにあって、そっちの方が便利だからそこに行くことになった。

もともとは、スーツを猫の毛で汚したくないというのと、楽したいということで一回家に戻って着替えて、一緒に行こうとしていた彼女と待ち合わせしてから母と姉と合流する予定だった。

でも新しい目的地が俺の家と逆方向だったため、直接仕事から行くことにして、俺の家の周辺で時間をつぶしていた彼女は会社の最寄の駅に来ることにした。

しかし、仕事が終わる5分前にまた電話が来た。余裕を持ってまた10分待てば何も行動的に変わらないのに、また気を使わず・・・

電話の内容は、そこの近くの猫カフェが18時までだから間に合わない、というくその内容だった。

じゃ、もともとの予定に戻って、一回家に寄ってから行くことになった。

但し、彼女がもう既に会社の方に向かってた。

電車の中だから電話しても困るだけだし、どうせそろそろ到着する時間ぐらいだからメールしてもあまり意味がないと思って、2つ目の予定の通り、会社の最寄の駅で待ち合わせしてその時に説明しようと。

そしたら、待ち合わせの時間の直前に、「ごめん、ちょっと遅れちゃう」メールが届いた。

それで、俺が電車乗って、会社と家の間の駅で待ち合わせるようとメール送った。

「わかった、○○駅で待ってます」との返事が。

よし、うまく行きそうだと思って、俺の方から電車の何号車に乗ってるかを教えた。

しかし、時間が足りなくて、俺がその駅に着くまでに彼女はその号車まで来れなかったので、ホームで探しても見当たらなかった。

電車がもうすぐ出発するところだけど、まだ会ってないということで乗るか乗らないか迷った。電車は頻繁に来るから会ってから乗った方がいいかと思って、ホームから電車のドアが閉まるのを見た。

でも、電話したら、彼女は車内から見てたみたい。笑

結局、次の駅で次の電車で待ち合わせして、一緒に家に向かった。

家の最寄の駅に到着したら、俺は普通に改札を出たけど、彼女はその駅で乗ったから駅員のところに行かないと出られなかった。

JRの最低運賃である130円行けると思ったものの、改札入ってから40分ぐらい経ってるということで、なんと最低運賃の往復の分の260円を払わされた!けち過ぎる。さすがJR・・・

その後、家に帰って、着替えたりして、母と姉と連絡取って、ようやく猫カフェに向かった。

無事に合流して、猫カフェの最寄の駅に行って、地図を見ながらややこしい道を指図して猫カフェに着いた。

定休日だった。

なんか、遊ばれてるかと思うぐらい、うまく行かなさ過ぎの一日。

よく考えたら、自業自得だけどね。2店の猫カフェの営業時間を調べておけば何の問題もなかったのに。

でも、その後はおいしくて賑やかな居酒屋で楽しく食事して、悪の日を忘れた。

やっぱりいい経験は悪い経験を塗り替えるんだね☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

2011年6月2日

久しぶりの別行動


今日は母と姉が別行動して、最後に3人で夕飯を食べながらそれぞれの話を聞いた。

まず、姉は日帰りで日光に行ってきた。往復の電車、現地のバス、いくつかの神社への入場券が含まれる東武鉄道の何ちゃらフリーパスを買って行ってきた。

昨日は結構遅くなったから結局10時ぐらいに浅草から出発したみたいだけど、フリーパスを買う時に、時間が足りないから別の日にした方がいいって、かなり強く言われたみたい。笑

「今日は浅草寺を見た方がいいよ」とか、「行くとしたら神社回るのか、華厳の滝に行くのか、どっちかを選ばないと絶対時間が足りないよ」とか。

「いや、大丈夫だよ」と自信満々否定した。

結果は?

姉:1, 東武鉄道スタッフ: 0

頑張ったら無理なく回れたし、現地で乗った各バスも余裕で間に合ったらしい。

日光への到着から出発まで、4時間しかなかったし、しかもその内は華厳の滝に往復するバスに乗ってる時間が約1時間半。

実は、俺もそんな短時間で回ることは絶対無理だと思ってたけど、そうできた理由を聞いたら、なんとか納得できた。

話を聞くと、早く日光を回る秘訣は・・・日本語を理解できないこと。笑

各名所に英語の説明がほとんどないらしくて、そのお陰で見ることだけで終わっちゃうのであまり時間かからない。なるほど。笑

一人だったこともあるし、時間があまりないことを意識しながら回ってたと思うけど、十分楽しめたみたい。

一つだけ残念だったのは、一番期待していた猿さんは雨のせいか見れなかった。見れたら、動物が大好きな姉は絶対遅れて帰ってきたと思うけど。笑 バス対猿の勝負では、絶対猿が勝つ。

でもそれ以外は、すべての目的を達成した。東武鉄道のスタッフに写真を見せに行きたかったって。笑

それでは、母の話に移りましょう。

母は色々買い物もしたけど、ハイライトは地震体験。幸いなことに最近は割りと落ち着いてるから本物ではなかったけど、教育のための設備があるところに行ったみたい。

オーストラリアには地震が滅多にないし、あっても小さいし、残念なことでもあるが、日本ならではの体験だったね。

色々話を聞いたけど、体験自体についてなぜか感想はあまり聞いてない。笑
それより、同じところに遠足で行ってた小学生たちの話を聞いた。

女子たちが地震を経験している時、横から見てる男子たちが彼女らの叫び声に対して大爆笑していたとか。笑
後、つい最近大きい地震があったのに、それより前にその子供たちがそこで教育を受けなかったのは残念だったとか。

そして、教育ビデオは、音声が英語で日本語字幕もなかったらしい。周りのみんなわからないだろうと思いながら見てたって。

なんでだろうね?いつも英語なのか、それとも母のために英語にしてくれたのかな?後者だったら、子供たちに申し訳ないね。


まあ、こんな2人の一日でした。一週間もほとんど2人きりで一緒にいるから、一日の別行動がお互いの平穏を保つために必要だったと、本当に思う。笑

後少しだけの滞在、楽しめるといいね☆

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!