2011年6月8日

オーストラリアでの外国語教育


日本語が話せる外人は、なんで日本語を勉強しようと思ったかをよく聞かれる。今日も聞かれた。数日ぶりに。笑

もちろんみんなはそれぞれの理由があるだろうけど、俺の理由にびっくりする人は結構多い。

その理由は、単純に中学校で勉強しないといけなかったからです。

適当な理由で申し訳ございません。笑

「日本のまんが・アニメが好き」とか、「和食が好き」とか、自ら日本に興味を持って勉強しようと思う人もたくさんいるけどね、もちろん。ただ俺はその枠に入らない。

でも、「中学校で日本語やるの?」って驚く人は95%ぐらい。

オーストラリア以外の国は詳しくないから何とも言えないけど、オーストラリアでは、中学校で外国語を少なくとも2年間勉強しなければならない。

世界の多くの人は英語を第二言語として勉強するけど、オーストラリアではその必要はないから当然他の言語を勉強する。

何を勉強するかとなると、それは学校による。各学校が提供する言語がどうやって決まるかわからないけど、俺の学校の場合は日本語とドイツ語から選択できた。

他には、フランス語やイタリア語、中国語、インドネシア語等を提供する学校がたくさんある。

ちなみに、俺の場合は、なぜドイツ語より日本語を選んだかというと、なんとなく将来的に日本語の方が使えるんじゃないかと思っただけ。笑

その時にドイツ語を選んだとしたら、今になって日本で働いてる俺は日本語にすればよかったと思ってるよね、きっと。笑

いやいや、もちろん日本にいて、このブログを日本語で書いてるのは、日本語を選んだからだ。

でもそう思うと、本当にドイツ語を選んだとしたら、今はドイツで働いてたのかな?

11歳の時の決意がこんなに人生に影響したと思うと、ちょっと怖いよね。明日の行動にはいつまで影響されるだろうと。

教育の話に戻ると、オーストラリアでは中学2年まで必須科目として外国語を勉強するのに、残念ながら高3まで続ける人はわずかの10%らしい。

中2までって、結構中途半端だね。笑 2年間でやめる人はもともと興味なかったからすぐ忘れるし、やるかやらないかで分ければいいと思う。

と言っても、少しでも外国の文化と触れることはとても大事だと思うから、無理やりでも、やらないよりいい。

じゃあ、オーストラリアの学校で外国語として最も勉強されている言語は何でしょう?

この答えにびっくりするだろうけど、答えは、日本語です。

なんで!?って思う日本人は割りと多い気がするけど、事実を見ればすぐ納得できると思う。

特にオーストラリアにとって、日本は経済的に非常に重要な国です。

今は中国の成長によって変わってきたが、長い間、輸入出の合計でオーストラリアにとって日本は1位だった。今でもまだ2位だ、確かに。

グローバル化の背景では、オーストラリアにとってそんなに大事である日本の言葉を勉強しないといけないのは、当たり前だよね。教育省もそう考えて、普及させただろう。

ただ、みんなどんどんやめていくから、日本人たち、英語頑張ってね☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿