2011年6月15日

四捨五入による肥満


今日は、この間の遊ばれた日に受けた健康診断の結果が来た。

基本的に異常なしだけど、一項目だけに対しては経過観察が薦められた。

肥満だって。

嘘!笑

確かに最近は少し太ってきたけど、どう見ても肥満ではない。

しかも俺の年齢・身長(172cm)の「正常参考値」は、なんと、65kg。

どう見てもこれはに白人の俺に適応できない日本人基準でしょう。

日本人にとってこれは正常かもしれないけど、俺の体重が65kgまで下がったら死ぬんじゃないかと心配する。

今回の健康診断では、体重が73.5kgだった。もちろん、知り合い以外の人は俺を見たはずがないからイメージがつかないだろうけど、肥満ではない。

参考のために、今年の2月に行われた東京マラソンを4時間ちょいで完走した。これは肥満の人にはできないでしょう。

でもマラソンに向けてのトレーニング中でも、最低体重は71代だった。

明らかにマラソン以降は少し怠けてるけど、頑張ってもその期間で肥満にはなれないでしょう。

実は、今回の健康診断の結果で注目されているところは腹囲だった。正常値より、なんと0.1cm長かった!笑

これは数学者や統計学者がムカつくところだと思う。笑

なぜかというと、0.1cmの精度で測らないことに対して、0.1cmの基準を与えることは、四捨五入でのエラーが発生するため不正だから。計測に四捨五入をするなら、基準も同じように四捨五入しなければならない。

この場合は、肌の柔らかさもあって、0.1cmの精度は一秒で検査を終了させる適当ナースさんに無理だし、1cm、良くても0.5cmの精度でしか測ってないでしょう。

ということで、四捨五入のせいで肥満だと判断された。ムカつく。笑

何にしても、体脂肪率を全く測らずに肥満という結果を出すのが間違ってると思うけどね。それ以外の項目に関わる変数が多すぎるから。

結局、6ヶ月後に経過観察を受けてくださいと言われている。

行きません。笑 (会社の指摘により変更の可能性有・・・)

85kgで明らかに肥満だったとしても行かないけどね。コレステロールや血圧などが高いのだったら行くだろうけど、体重ぐらいは自分で測って自分で管理できるもんだからさ。管理スルかどうかはまた別の話だけど・・・笑

ということで、もともと書こうと思ってた内容と違う方向に行ってしまったので、次回は異なる人種の体質などについてちょっと呟こうと思ってます。

それまでは、肥満にならないように四捨五入をしっかり一貫して行ってください☆笑

面白かった?ためになった?
その思いを表現するにはこちらをクリックください!⇒
人気ブログランキングへ

毎日の応援、ありがとうございます!

0 件のコメント:

コメントを投稿